Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大阪弁(おおさかべん)とは、大阪で話される日本語の方言で、近畿方言(上方言葉または上方語)の一種である。定義は以下の通り。 (狭義)大阪市の方言:摂津方言の一種(船場言葉を含む)。当記事で記述する。 (広義)大阪府の方言:摂津方言・河内方言・和泉方言に大別される。大阪府下は大部分が大阪平野であり、大阪市を中心に人的交流が活発であるため、他都道府県と比べて方言差は小さい。河内弁の特異性が注目されやすいが、実際には泉南地方の泉州弁が府下で最も特異性の強い方言である。伝統方言の衰退・変化が著しい現在では、地域ごとの方言差よりも世代間の方言差の方が大きくなっている。大阪弁(おおさかべん)とは、大阪市を中心とする地域で話されてきた日本語の方言である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1684084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59235346 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大阪弁(おおさかべん)とは、大阪で話される日本語の方言で、近畿方言(上方言葉または上方語)の一種である。定義は以下の通り。 (狭義)大阪市の方言:摂津方言の一種(船場言葉を含む)。当記事で記述する。 (広義)大阪府の方言:摂津方言・河内方言・和泉方言に大別される。大阪府下は大部分が大阪平野であり、大阪市を中心に人的交流が活発であるため、他都道府県と比べて方言差は小さい。河内弁の特異性が注目されやすいが、実際には泉南地方の泉州弁が府下で最も特異性の強い方言である。伝統方言の衰退・変化が著しい現在では、地域ごとの方言差よりも世代間の方言差の方が大きくなっている。大阪弁(おおさかべん)とは、大阪市を中心とする地域で話されてきた日本語の方言である。
rdfs:label
  • 大阪弁
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:方言 of
is foaf:primaryTopic of