Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大野 正男(おおの まさお、1927年9月3日 - 2006年10月28日)は日本の弁護士。最高裁判所裁判官。東京府出身。小学生時代に父の大蔵次官大野龍太が帝人事件で逮捕され、無実の罪で3年半のあいだ未決勾留された経験から弁護士志望となる。第一高等学校 (旧制)を経て、1951年、東京大学法学部卒業。一旦会社勤めをした後、1954年に弁護士登録。弁護士としては海野普吉に師事。弁護士としては悪徳の栄え事件、砂川事件、西山事件、全逓中郵事件、羽田空港デモ事件、飯塚事件、芸大事件を担当した。1993年4月に最高裁判事に就任。1997年9月に定年退官。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2123475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58363802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-04
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人2006年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大野 正男(おおの まさお、1927年9月3日 - 2006年10月28日)は日本の弁護士。最高裁判所裁判官。東京府出身。小学生時代に父の大蔵次官大野龍太が帝人事件で逮捕され、無実の罪で3年半のあいだ未決勾留された経験から弁護士志望となる。第一高等学校 (旧制)を経て、1951年、東京大学法学部卒業。一旦会社勤めをした後、1954年に弁護士登録。弁護士としては海野普吉に師事。弁護士としては悪徳の栄え事件、砂川事件、西山事件、全逓中郵事件、羽田空港デモ事件、飯塚事件、芸大事件を担当した。1993年4月に最高裁判事に就任。1997年9月に定年退官。
rdfs:label
  • 大野正男
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:裁判長 of
is prop-ja:陪席裁判官 of
is foaf:primaryTopic of