Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大道寺 直次(だいどうじ なおつぐ、元亀2年(1571年)- 慶安4年10月11日(1651年11月23日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。大道寺政繁の四男。母は遠山綱景の娘。官位は内蔵助。正室は高城胤辰の娘。はじめ北条氏直に仕える。1590年の小田原征伐で父が自刃し、後北条氏が滅亡すると、母方の姓を名乗り、遠山長右衛門と改名して黒田如水の家臣となる。その後、豊臣秀次の家臣となったが、秀次が1595年の秀次事件で自殺したため、福島正則の家臣となった。正則に仕えて関ヶ原の戦いにも従軍して功を挙げた。1619年、正則が改易されるとしばらくは浪人したが、黒田長政、京極忠高らの家臣を経て徳川家光に招聘されて幕臣となった。このとき、姓を大道寺に戻している。1651年、81歳で死去した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 350582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54119877 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大道寺 直次(だいどうじ なおつぐ、元亀2年(1571年)- 慶安4年10月11日(1651年11月23日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。大道寺政繁の四男。母は遠山綱景の娘。官位は内蔵助。正室は高城胤辰の娘。はじめ北条氏直に仕える。1590年の小田原征伐で父が自刃し、後北条氏が滅亡すると、母方の姓を名乗り、遠山長右衛門と改名して黒田如水の家臣となる。その後、豊臣秀次の家臣となったが、秀次が1595年の秀次事件で自殺したため、福島正則の家臣となった。正則に仕えて関ヶ原の戦いにも従軍して功を挙げた。1619年、正則が改易されるとしばらくは浪人したが、黒田長政、京極忠高らの家臣を経て徳川家光に招聘されて幕臣となった。このとき、姓を大道寺に戻している。1651年、81歳で死去した。
rdfs:label
  • 大道寺直次
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of