Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大腸(だいちょう、英: large intestine)は、脊椎動物の消化器である消化管の一部で、小腸より肛門に近い部位に位置する器官である。腸管の太さと腸絨毛を欠く点で、小腸と区別される。消化機能としては、細菌による食物繊維の発酵、及び一部の栄養素の吸収と水分の吸収が行われる部位である。また、吸収されずに残ったものが便を形成し、排泄されるまでの間、貯留される部位でもある。何らかの原因で水分の再吸収がうまく機能しないと、水分の多い便が排泄される状態になるが、これを下痢と呼ぶ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 35800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52824200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:name
  • 大腸
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:器官
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 1 (xsd:integer)
  • 大腸
prop-ja:英語
  • Colon
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大腸(だいちょう、英: large intestine)は、脊椎動物の消化器である消化管の一部で、小腸より肛門に近い部位に位置する器官である。腸管の太さと腸絨毛を欠く点で、小腸と区別される。消化機能としては、細菌による食物繊維の発酵、及び一部の栄養素の吸収と水分の吸収が行われる部位である。また、吸収されずに残ったものが便を形成し、排泄されるまでの間、貯留される部位でもある。何らかの原因で水分の再吸収がうまく機能しないと、水分の多い便が排泄される状態になるが、これを下痢と呼ぶ。
rdfs:label
  • 大腸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:researchField of
is foaf:primaryTopic of