Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大脳皮質(だいのうひしつ、英: Cerebral cortex)は、大脳の表面に広がる、神経細胞の灰白質の薄い層。その厚さは場所によって違うが、1.5~4.0mmほど。大脳基底核と呼ばれる灰白質の周りを覆っている。知覚、随意運動、思考、推理、記憶など、脳の高次機能を司る。神経細胞は規則正しい層構造をなして整然と並んでいる。両生類から見られる古皮質と、哺乳類で出現する新皮質がある。個体発生の初期には古皮質が作られ、後に新皮質が作られる。アルツハイマー病ではβアミロイドの沈着による斑が観察される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 57101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54350302 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:anatomographypartsid
  • FMA61830
prop-ja:brederoiNumber
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:ibvd
  • Cerebral+Cortex
prop-ja:meshname
  • Cerebral+Cortex
prop-ja:neuronamesid
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:nif
  • Cerebral cortex
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ラテン語
  • cortex cerebri
prop-ja:上位構造
prop-ja:名称
  • 大脳皮質
prop-ja:執筆者
  • 廣田ゆき、仲嶋一範
prop-ja:画像
  • Human Brain.jpg
  • Human cerebral cortex.png
prop-ja:略号
  • Cx
prop-ja:脚注
  • ヒト大脳。前頭葉の一部を切除してある。断面の中央が白質、そして表層部厚さ数mmが大脳皮質(灰白質)である。白質・灰白質というが、実際の人間の脳では、このように綺麗なうっすらとしたピンク色である。
  • 脳の冠状断面。
prop-ja:英語
  • Cerebral cortex
prop-ja:記事名
  • 大脳皮質の発生
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大脳皮質(だいのうひしつ、英: Cerebral cortex)は、大脳の表面に広がる、神経細胞の灰白質の薄い層。その厚さは場所によって違うが、1.5~4.0mmほど。大脳基底核と呼ばれる灰白質の周りを覆っている。知覚、随意運動、思考、推理、記憶など、脳の高次機能を司る。神経細胞は規則正しい層構造をなして整然と並んでいる。両生類から見られる古皮質と、哺乳類で出現する新皮質がある。個体発生の初期には古皮質が作られ、後に新皮質が作られる。アルツハイマー病ではβアミロイドの沈着による斑が観察される。
rdfs:label
  • 大脳皮質
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:上位構造 of
is prop-ja:構成要素 of
is foaf:primaryTopic of