Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大聖堂広場(イタリア語: Piazza del Duomo)はイタリアのミラノ中心にある広場で、広場に面して建てられているミラノ大聖堂に因んで名付けられた。日本語でドゥオーモ広場と表記されることもある。広場の面積は約17,000m2で、ミラノの地理的な中心であるだけでなく、文化・芸術・商業の中心でもある。広場には、街のランドマーク的建物が多数面しており、訪れる観光客も多い。広場は14世紀から形作られ始め、歴史を経るとともに現在の広さまで拡張されてきた。広場に面している大聖堂も、建設開始から完成まで6世紀ほど掛かっている。現在見られる広場のデザインは、19世紀の建築家ジュゼッペ・メンゴーニによるものである。統一されたファサードを持つ建物で広場を囲む彼のデザインから逸脱しているのは、大聖堂とミラノ王宮だけである。広場に面しているヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアも彼のデザインである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3032397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1334 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55833315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 45.46423055555555 9.190091666666667
rdf:type
rdfs:comment
  • 大聖堂広場(イタリア語: Piazza del Duomo)はイタリアのミラノ中心にある広場で、広場に面して建てられているミラノ大聖堂に因んで名付けられた。日本語でドゥオーモ広場と表記されることもある。広場の面積は約17,000m2で、ミラノの地理的な中心であるだけでなく、文化・芸術・商業の中心でもある。広場には、街のランドマーク的建物が多数面しており、訪れる観光客も多い。広場は14世紀から形作られ始め、歴史を経るとともに現在の広さまで拡張されてきた。広場に面している大聖堂も、建設開始から完成まで6世紀ほど掛かっている。現在見られる広場のデザインは、19世紀の建築家ジュゼッペ・メンゴーニによるものである。統一されたファサードを持つ建物で広場を囲む彼のデザインから逸脱しているのは、大聖堂とミラノ王宮だけである。広場に面しているヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアも彼のデザインである。
rdfs:label
  • 大聖堂広場 (ミラノ)
owl:sameAs
geo:lat
  • 45.464230 (xsd:float)
geo:long
  • 9.190092 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of