Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大空位時代(だいくういじだい、ラテン語: Interregnum)は、神聖ローマ帝国で王権が不安定であった時代のことである。期間は1250年、1254年または1256年から1273年まで。この時期にドイツ王位を世襲する有力な家門がなく、帝国の直轄領は蚕食され、帝国の権利の多くが奪われたために、選帝侯など有力諸侯の影響力が極端に増した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 222858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3986 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58711595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大空位時代(だいくういじだい、ラテン語: Interregnum)は、神聖ローマ帝国で王権が不安定であった時代のことである。期間は1250年、1254年または1256年から1273年まで。この時期にドイツ王位を世襲する有力な家門がなく、帝国の直轄領は蚕食され、帝国の権利の多くが奪われたために、選帝侯など有力諸侯の影響力が極端に増した。
rdfs:label
  • 大空位時代
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of