Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大泉一貫(おおいずみ かずぬき、1949年2月26日 - )は、日本の農政学者で地域政策学者。東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。宮城大学特任教授で、宮城大学評議員や事業構想学部長、事業構想学研究科長を務めた。講義科目は地域経済論、食品流通事業論。日本地域政策学会会長を2期つとめる。グローバル経済や地域経済の有り様から農業の将来を見据える発言が多い。家族経営や小規模零細経営を中心とする地域経済の実態を踏まえ、新たな地域ビジネスモデルの構築を提唱している。融合産業の構築や農商工連携等をその突破口として考えているようである。農業経営者政策の体系化を中心とした農政の再構築を提唱している。中央集権的な生産調整政策を批判、現場に近いところが政策立案すべきとする地方分権農政を提案している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 725822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54869618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大泉一貫(おおいずみ かずぬき、1949年2月26日 - )は、日本の農政学者で地域政策学者。東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。宮城大学特任教授で、宮城大学評議員や事業構想学部長、事業構想学研究科長を務めた。講義科目は地域経済論、食品流通事業論。日本地域政策学会会長を2期つとめる。グローバル経済や地域経済の有り様から農業の将来を見据える発言が多い。家族経営や小規模零細経営を中心とする地域経済の実態を踏まえ、新たな地域ビジネスモデルの構築を提唱している。融合産業の構築や農商工連携等をその突破口として考えているようである。農業経営者政策の体系化を中心とした農政の再構築を提唱している。中央集権的な生産調整政策を批判、現場に近いところが政策立案すべきとする地方分権農政を提案している。
rdfs:label
  • 大泉一貫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of