Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大沼枕山(おおぬま ちんざん、文化15年3月19日(1818年4月24日) - 明治24年(1891年)10月1日)は江戸時代後期から明治前期の漢詩人。名は厚、字は子寿、通称は捨吉、号は水竹居、臺領、枕山。野にあって詩人として生き、最後まで髷姿を通した。墓は東京都台東区谷中の瑞輪寺にある。永井荷風は縁者にあたる枕山を「下谷叢話」でその人となりを愛惜こめて伝えている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2303483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57879333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大沼枕山(おおぬま ちんざん、文化15年3月19日(1818年4月24日) - 明治24年(1891年)10月1日)は江戸時代後期から明治前期の漢詩人。名は厚、字は子寿、通称は捨吉、号は水竹居、臺領、枕山。野にあって詩人として生き、最後まで髷姿を通した。墓は東京都台東区谷中の瑞輪寺にある。永井荷風は縁者にあたる枕山を「下谷叢話」でその人となりを愛惜こめて伝えている。
rdfs:label
  • 大沼枕山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of