Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大江 嘉言(おおえ の よしとき、生年不詳 - 寛弘6年(1009年)?)は、平安時代中期の歌人。大江千古の孫にあたる大隅守・弓削仲宣の子。子に公景がいた。一時弓削姓を称したこともあるが、後に大江姓に復姓している。官位は従五位上・対馬守。中古三十六歌仙の一人。992年(正暦3年)文章生となり、弾正少忠を経て、1009年(寛弘6年)但馬守、さらに対馬守として現地に赴任するが、まもなく同地で没した。各種歌合に作者として出詠したほか、藤原長能・源道済・能因法師などと交流があった。能因の家集である『能因集』に嘉言が対馬守として下向する際の贈答歌や、嘉言を追悼する歌が載せられている。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に31首が入集。家集に『大江嘉言集』がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 371875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57667174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大江 嘉言(おおえ の よしとき、生年不詳 - 寛弘6年(1009年)?)は、平安時代中期の歌人。大江千古の孫にあたる大隅守・弓削仲宣の子。子に公景がいた。一時弓削姓を称したこともあるが、後に大江姓に復姓している。官位は従五位上・対馬守。中古三十六歌仙の一人。992年(正暦3年)文章生となり、弾正少忠を経て、1009年(寛弘6年)但馬守、さらに対馬守として現地に赴任するが、まもなく同地で没した。各種歌合に作者として出詠したほか、藤原長能・源道済・能因法師などと交流があった。能因の家集である『能因集』に嘉言が対馬守として下向する際の贈答歌や、嘉言を追悼する歌が載せられている。『拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集に31首が入集。家集に『大江嘉言集』がある。
rdfs:label
  • 大江嘉言
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of