大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。昭和中期から平成にかけて活躍した現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 愛媛県喜多郡大瀬村(現内子町)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、短編「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後の青年の閉塞感を描き、新鋭作家と目された。1967年、代表作とされる『万延元年のフットボール』により最年少で谷崎賞を受賞。現代文学の旗手と位置づけられるようになる。 その後、バシュラールの想像力論やバフチンやロシア・フォルマリズムの理論などを参照しながら独自の文学を作り上げていく。核兵器や国家主義などの社会・政治的な問題、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との共生の体験、故郷である四国の森の谷間の村の歴史や伝承、夥しい読書から導かれた世界観、これらの主題を重ね合わせた作品世界を作り上げた。 1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。 主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』『取り替え子(チェンジリング)』など。 戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っている。

Property Value
dbo:abstract
  • 大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。昭和中期から平成にかけて活躍した現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 愛媛県喜多郡大瀬村(現内子町)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、短編「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後の青年の閉塞感を描き、新鋭作家と目された。1967年、代表作とされる『万延元年のフットボール』により最年少で谷崎賞を受賞。現代文学の旗手と位置づけられるようになる。 その後、バシュラールの想像力論やバフチンやロシア・フォルマリズムの理論などを参照しながら独自の文学を作り上げていく。核兵器や国家主義などの社会・政治的な問題、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との共生の体験、故郷である四国の森の谷間の村の歴史や伝承、夥しい読書から導かれた世界観、これらの主題を重ね合わせた作品世界を作り上げた。 1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。 主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』『取り替え子(チェンジリング)』など。 戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っている。 (ja)
  • 大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。昭和中期から平成にかけて活躍した現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 愛媛県喜多郡大瀬村(現内子町)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、短編「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後の青年の閉塞感を描き、新鋭作家と目された。1967年、代表作とされる『万延元年のフットボール』により最年少で谷崎賞を受賞。現代文学の旗手と位置づけられるようになる。 その後、バシュラールの想像力論やバフチンやロシア・フォルマリズムの理論などを参照しながら独自の文学を作り上げていく。核兵器や国家主義などの社会・政治的な問題、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との共生の体験、故郷である四国の森の谷間の村の歴史や伝承、夥しい読書から導かれた世界観、これらの主題を重ね合わせた作品世界を作り上げた。 1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。 主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』『取り替え子(チェンジリング)』など。 戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っている。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1957-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1957-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthDate
  • 1935-01-31 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:child
dbo:education
dbo:genre
dbo:influencedBy
dbo:language
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:relation
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1662 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 43789 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81601255 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京大学文学部仏文科卒業 (ja)
  • 東京大学文学部仏文科卒業 (ja)
prop-ja:awards
  • ノーベル文学賞(1994年) (ja)
  • 伊藤整文学賞(1990年) (ja)
  • 大佛次郎賞(1983年) (ja)
  • 川端康成文学賞(1984年) (ja)
  • 新潮社文学賞(1964年) (ja)
  • 朝日賞(1994年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1958年) (ja)
  • 読売文学賞(1983年) (ja)
  • 谷崎潤一郎賞(1967年) (ja)
  • 野間文芸賞(1973年) (ja)
  • レジオンドヌール勲章(コマンドゥール)(2002年) (ja)
  • ノーベル文学賞(1994年) (ja)
  • 伊藤整文学賞(1990年) (ja)
  • 大佛次郎賞(1983年) (ja)
  • 川端康成文学賞(1984年) (ja)
  • 新潮社文学賞(1964年) (ja)
  • 朝日賞(1994年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1958年) (ja)
  • 読売文学賞(1983年) (ja)
  • 谷崎潤一郎賞(1967年) (ja)
  • 野間文芸賞(1973年) (ja)
  • レジオンドヌール勲章(コマンドゥール)(2002年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • 1935-01-31 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・愛媛県喜多郡大瀬村 (ja)
  • ・愛媛県喜多郡大瀬村 (ja)
prop-ja:caption
  • 大江健三郎(2012年、パリにて) (ja)
  • 大江健三郎(2012年、パリにて) (ja)
prop-ja:children
prop-ja:debutWorks
  • 『奇妙な仕事』(1957年) (ja)
  • 『奇妙な仕事』(1957年) (ja)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:imagesize
  • 225 (xsd:integer)
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 大江 健三郎 (ja)
  • (おおえ けんざぶろう) (ja)
  • 大江 健三郎 (ja)
  • (おおえ けんざぶろう) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『万延元年のフットボール』(1967年) (ja)
  • 『燃えあがる緑の木』(1993年 - 1995年) (ja)
  • 『個人的な体験』(1964年) (ja)
  • 『同時代ゲーム』(1979年) (ja)
  • 『懐かしい年への手紙』(1987年) (ja)
  • 『新しい人よ眼ざめよ』(1983年) (ja)
  • 『洪水はわが魂に及び』(1973年) (ja)
  • 『芽むしり仔撃ち』(1958年) (ja)
  • 『飼育』(1958年) (ja)
  • 『取り替え子(チェンジリング)』(2000年) (ja)
  • 『万延元年のフットボール』(1967年) (ja)
  • 『燃えあがる緑の木』(1993年 - 1995年) (ja)
  • 『個人的な体験』(1964年) (ja)
  • 『同時代ゲーム』(1979年) (ja)
  • 『懐かしい年への手紙』(1987年) (ja)
  • 『新しい人よ眼ざめよ』(1983年) (ja)
  • 『洪水はわが魂に及び』(1973年) (ja)
  • 『芽むしり仔撃ち』(1958年) (ja)
  • 『飼育』(1958年) (ja)
  • 『取り替え子(チェンジリング)』(2000年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1957 (xsd:integer)
prop-ja:relations
prop-ja:spouse
  • 大江ゆかり (ja)
  • 大江ゆかり (ja)
prop-ja:subject
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:独自研究
  • 2020 (xsd:integer)
prop-ja:観点
  • 2020 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。昭和中期から平成にかけて活躍した現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 愛媛県喜多郡大瀬村(現内子町)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、短編「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後の青年の閉塞感を描き、新鋭作家と目された。1967年、代表作とされる『万延元年のフットボール』により最年少で谷崎賞を受賞。現代文学の旗手と位置づけられるようになる。 その後、バシュラールの想像力論やバフチンやロシア・フォルマリズムの理論などを参照しながら独自の文学を作り上げていく。核兵器や国家主義などの社会・政治的な問題、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との共生の体験、故郷である四国の森の谷間の村の歴史や伝承、夥しい読書から導かれた世界観、これらの主題を重ね合わせた作品世界を作り上げた。 1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。 主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』『取り替え子(チェンジリング)』など。 戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っている。 (ja)
  • 大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家。昭和中期から平成にかけて活躍した現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 愛媛県喜多郡大瀬村(現内子町)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、短編「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後の青年の閉塞感を描き、新鋭作家と目された。1967年、代表作とされる『万延元年のフットボール』により最年少で谷崎賞を受賞。現代文学の旗手と位置づけられるようになる。 その後、バシュラールの想像力論やバフチンやロシア・フォルマリズムの理論などを参照しながら独自の文学を作り上げていく。核兵器や国家主義などの社会・政治的な問題、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との共生の体験、故郷である四国の森の谷間の村の歴史や伝承、夥しい読書から導かれた世界観、これらの主題を重ね合わせた作品世界を作り上げた。 1994年、日本文学史上において2人目のノーベル文学賞受賞者となった。 主な作品に『芽むしり仔撃ち』『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』『新しい人よ眼ざめよ』『懐かしい年への手紙』『取り替え子(チェンジリング)』など。 戦後民主主義の支持者として社会参加の意識が強く、国内外における問題や事件への発言を積極的に行っている。 (ja)
rdfs:label
  • 大江健三郎 (ja)
  • 大江健三郎 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 大江 健三郎 (ja)
  • (おおえ けんざぶろう) (ja)
  • 大江 健三郎 (ja)
  • (おおえ けんざぶろう) (ja)
is dbo:author of
is dbo:basedOn of
is dbo:influenced of
is dbo:influencedBy of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:著名な家族 of
is foaf:primaryTopic of