Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大槻 磐渓(おおつき ばんけい、享和元年5月15日(1801年6月25日) - 明治11年(1878年)6月13日)、名は清崇、江戸時代後期から幕末にかけて活躍した漢学者。文章家としても名高い。仙台藩の藩校、養賢堂学頭であった磐渓は、幕末期の仙台藩論客として奥羽越列藩同盟の結成に走り、戊辰戦争後は戦犯として謹慎幽閉された。父は蘭学者の大槻玄沢。子に大槻如電と大槻文彦(国語学者で『言海』編者)がいる。親戚に養賢堂の学頭、大槻平泉がいる。
dbpedia-owl:alias
  • 六二郎・平次郎・平次・磐渓・磐翁
  • 尚文院愛古磐叟居士
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 344564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 305 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57622289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1865 (xsd:integer)
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 磐里・しん・みの・?・いな・磐渓
prop-ja:墓所
prop-ja:
  • 光・淑・悦
prop-ja:
  • 春・順之助・陽・如電・文彦・雪・和歌
prop-ja:戒名
  • 尚文院愛古磐叟居士
prop-ja:改名
  • 六二郎・平次郎・平次・磐渓・磐翁
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --06-13
prop-ja:氏名
  • 大槻 磐渓
prop-ja:氏族
  • 江戸大槻家
prop-ja:父母
  • 父:大槻玄沢 継母:タホ
prop-ja:生誕
  • --05-15
prop-ja:画像
  • 大槻磐渓銅像.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • JR一ノ関駅前の大槻三賢人像
  • 正面向かって左側の大槻磐渓
prop-ja:
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大槻 磐渓(おおつき ばんけい、享和元年5月15日(1801年6月25日) - 明治11年(1878年)6月13日)、名は清崇、江戸時代後期から幕末にかけて活躍した漢学者。文章家としても名高い。仙台藩の藩校、養賢堂学頭であった磐渓は、幕末期の仙台藩論客として奥羽越列藩同盟の結成に走り、戊辰戦争後は戦犯として謹慎幽閉された。父は蘭学者の大槻玄沢。子に大槻如電と大槻文彦(国語学者で『言海』編者)がいる。親戚に養賢堂の学頭、大槻平泉がいる。
rdfs:label
  • 大槻磐渓
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 大槻 磐渓
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子供 of
is foaf:primaryTopic of