Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大森 義太郎(おおもり よしたろう、明治31年(1898年)9月26日 - 昭和15年(1940年)7月28日)は日本のマルクス経済学者。大正11年(1922年)東京府立四中から一高を経て、東京帝国大学経済学部卒。卒業と同時に同学部助手。大正13年(1924年)東京帝国大学助教授。1928年4月に東大を辞職し、以後は講壇ジャーナリストとして生活することになる。1933年に『唯物弁証法読本』を出版。1938年の人民戦線事件で検挙。失意のうちに生涯を閉じた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 410020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57687519 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大森 義太郎(おおもり よしたろう、明治31年(1898年)9月26日 - 昭和15年(1940年)7月28日)は日本のマルクス経済学者。大正11年(1922年)東京府立四中から一高を経て、東京帝国大学経済学部卒。卒業と同時に同学部助手。大正13年(1924年)東京帝国大学助教授。1928年4月に東大を辞職し、以後は講壇ジャーナリストとして生活することになる。1933年に『唯物弁証法読本』を出版。1938年の人民戦線事件で検挙。失意のうちに生涯を閉じた。
rdfs:label
  • 大森義太郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of