Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大森 光章(おおもり こうしょう、1922年7月24日 - 2009年3月26日)は日本の小説家、フリーライター、禅僧(上座)。幼名は倖二。今出光章、北町陽一郎名義による作品もある。北海道虻田郡倶知安町の禅寺の生まれ。少年期から父親の伴僧として葬儀や法事に出席。明治大学専門部文芸科中退。小学校教員をつとめるかたわら、1946年に倶知安で『新芸術派』を創刊。1949年上京し、新日本文学会に参加。工員や印刷会社社員や大学職員として働きつつ「ラマンチヤ」など数々の同人誌に関わる。芥川賞に3回落選。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3208470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58088871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大森 光章(おおもり こうしょう、1922年7月24日 - 2009年3月26日)は日本の小説家、フリーライター、禅僧(上座)。幼名は倖二。今出光章、北町陽一郎名義による作品もある。北海道虻田郡倶知安町の禅寺の生まれ。少年期から父親の伴僧として葬儀や法事に出席。明治大学専門部文芸科中退。小学校教員をつとめるかたわら、1946年に倶知安で『新芸術派』を創刊。1949年上京し、新日本文学会に参加。工員や印刷会社社員や大学職員として働きつつ「ラマンチヤ」など数々の同人誌に関わる。芥川賞に3回落選。
rdfs:label
  • 大森光章
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of