Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大東そば(だいとうそば)は、沖縄県の大東諸島で食されている手打ちの沖縄そばである。南大東島の「元祖大東そば いさ食堂」が発祥。大東諸島にはここ以外にそばを打つ店が存在しないため、大東そばとは事実上この店の麺のみを指す名称である。麺は太く不揃いで、縮れが強い。灰汁の上澄みと南大東島周辺の深層水を小麦粉に混ぜ合わせ作られており、茹で置きや油処理を行わないため、生めん独特のコシがある。現在は沖縄本島にも製麺所があり、那覇市内の系列店でも提供されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2285498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57357114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大東そば(だいとうそば)は、沖縄県の大東諸島で食されている手打ちの沖縄そばである。南大東島の「元祖大東そば いさ食堂」が発祥。大東諸島にはここ以外にそばを打つ店が存在しないため、大東そばとは事実上この店の麺のみを指す名称である。麺は太く不揃いで、縮れが強い。灰汁の上澄みと南大東島周辺の深層水を小麦粉に混ぜ合わせ作られており、茹で置きや油処理を行わないため、生めん独特のコシがある。現在は沖縄本島にも製麺所があり、那覇市内の系列店でも提供されている。
rdfs:label
  • 大東そば
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of