Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大村 純英(おおむら すみひで、1872年(明治5年)1月16日 - 1933年(昭和8年)5月8日)は、明治時代から昭和時代初期の華族、陸軍軍人。従四位、伯爵。夫人は真田幸民の娘田鶴子。大村武純(大村藩11代藩主大村純顕三男)の長男として生まれ、大村純雄の養子となった。1894年(明治27年)に陸軍士官学校(5期)を卒業後陸軍に入営し、1918年(大正7年)7月に大佐となり、大村にあった歩兵第46連隊の連隊長となる。1923年(大正12年)8月、陸軍少将に昇進し、歩兵第23旅団長を1年間務める。1924年(大正13年)8月に予備役編入。1927年(昭和2年)10月、養父純雄の隠居により襲爵したが、養父より1年前に死去している。墓所は青山墓地。家督は子の大村純毅が継いだ。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2003127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 898 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57865332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 第2代:1927年 - 1933年
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大村 純英(おおむら すみひで、1872年(明治5年)1月16日 - 1933年(昭和8年)5月8日)は、明治時代から昭和時代初期の華族、陸軍軍人。従四位、伯爵。夫人は真田幸民の娘田鶴子。大村武純(大村藩11代藩主大村純顕三男)の長男として生まれ、大村純雄の養子となった。1894年(明治27年)に陸軍士官学校(5期)を卒業後陸軍に入営し、1918年(大正7年)7月に大佐となり、大村にあった歩兵第46連隊の連隊長となる。1923年(大正12年)8月、陸軍少将に昇進し、歩兵第23旅団長を1年間務める。1924年(大正13年)8月に予備役編入。1927年(昭和2年)10月、養父純雄の隠居により襲爵したが、養父より1年前に死去している。墓所は青山墓地。家督は子の大村純毅が継いだ。
rdfs:label
  • 大村純英
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of