Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大木 正夫(おおき まさお、1901年10月3日 - 1971年4月18日)は日本の作曲家。静岡県磐田郡中泉町(現磐田市)に生まれる。県立静岡中学校(現・静岡県立静岡高等学校)から大阪高等工業学校(現・大阪大学)応用化学科を卒業し、丸善工場に勤務するが、まもなく退職して長野県上田高女(現・長野県上田染谷丘高等学校)で教鞭をとる。やがて退職して上京し、石川義一に師事していたこともあったが、大半が独学で作曲を学んでいる。作曲家連盟委員音楽文化協会常任理事、日本現代音楽協会の委員等に就いた。戦前の作風は民族的でロマン主義的傾向が見られた。代表作である『5つのお話』『夜の思想』はワインガルトナー賞の特賞を受賞した。戦中は日本政府の要請により朝比奈隆と共に満州国へ渡り、交響詩『蒙古』は朝比奈と新京交響楽団により演奏され、現地で人気を博した。戦後は明確な左派の政治的立場を取るようになり、楽壇からは距離を置きひっそりと活動し、交響曲第5番『ヒロシマ』、カンタータ『人間をかえせ』、交響曲第6番『ベトナム』など政治色の強い作品を残している。夫人の大木英子(1919年-2008年)は作曲家。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1337814 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55520031 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大木 正夫(おおき まさお、1901年10月3日 - 1971年4月18日)は日本の作曲家。静岡県磐田郡中泉町(現磐田市)に生まれる。県立静岡中学校(現・静岡県立静岡高等学校)から大阪高等工業学校(現・大阪大学)応用化学科を卒業し、丸善工場に勤務するが、まもなく退職して長野県上田高女(現・長野県上田染谷丘高等学校)で教鞭をとる。やがて退職して上京し、石川義一に師事していたこともあったが、大半が独学で作曲を学んでいる。作曲家連盟委員音楽文化協会常任理事、日本現代音楽協会の委員等に就いた。戦前の作風は民族的でロマン主義的傾向が見られた。代表作である『5つのお話』『夜の思想』はワインガルトナー賞の特賞を受賞した。戦中は日本政府の要請により朝比奈隆と共に満州国へ渡り、交響詩『蒙古』は朝比奈と新京交響楽団により演奏され、現地で人気を博した。戦後は明確な左派の政治的立場を取るようになり、楽壇からは距離を置きひっそりと活動し、交響曲第5番『ヒロシマ』、カンタータ『人間をかえせ』、交響曲第6番『ベトナム』など政治色の強い作品を残している。夫人の大木英子(1919年-2008年)は作曲家。
rdfs:label
  • 大木正夫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:musicComposer of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:音楽 of
is foaf:primaryTopic of