Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大日本帝国海軍航空隊(だいにっぽんていこくかいぐんこうくうたい)は、大日本帝国海軍の航空部隊である。海軍航空隊は海軍航空機の運用と航空戦の任務に当たった。海軍省の海軍航空本部は研究開発と教育訓練を担当していた。日本軍は1910年に初めて航空機を入手して、第一次世界大戦中に航空戦に大きな関心を寄せて研究開発を進めた。当初はヨーロッパの航空機を調達していたが、すぐに独自の航空機を製造して、空母建造計画に着手した。帝国海軍は、最初から空母として建造されたものとしては世界最初となる空母鳳翔を1922年に進水させた。その後、帝国海軍は余剰な巡洋戦艦と戦艦の幾つかを空母に改造する計画に着手した。海軍航空隊は防空、侵入攻撃、海戦、その他の任務に当たった。この任務は海軍航空隊が解体されるまで維持された。日本の航空兵訓練課程は非常に選抜的かつ厳格なものであり、良質で長く勤務し続ける空中勤務者の集団を養成した。第二次世界大戦の初期には、彼らが太平洋の空を支配した。しかしながら、この訓練課程は時間が掛かる事と、訓練用のガソリン不足が相俟って、海軍は質のよい交代要員を急速に供給する事は十分に出来なかった。更にアメリカやイギリスと異なり、日本では訓練課程を変更して新兵の訓練速度を上げる事もうまくいかなかった。結果的に航空兵・空中勤務者の量も質も低下していった事と、その他の要因も加わって、終戦期に向かって死傷者数が増加していく事につながった。海軍航空隊の操縦士は、陸軍飛行戦隊の操縦士と同様に、操縦性の高い航空機を好んだ。このため、軽量で非常に俊敏な航空機の開発へとつながった。中でも最も有名なものが零式艦上戦闘機である。これは装甲板や防弾式燃料タンクなどの装備を犠牲にして、軽量化と俊敏性を達成したものであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2250858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 256 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56568692 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:allegiance
  • 大日本帝国
prop-ja:battles
prop-ja:caption
  • 大日本帝国海軍旗
prop-ja:country
prop-ja:dates
  • 1912 (xsd:integer)
prop-ja:identificationSymbol
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:identificationSymbolLabel
prop-ja:notableCommanders
prop-ja:type
prop-ja:unitName
  • 大日本帝国海軍航空隊
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大日本帝国海軍航空隊(だいにっぽんていこくかいぐんこうくうたい)は、大日本帝国海軍の航空部隊である。海軍航空隊は海軍航空機の運用と航空戦の任務に当たった。海軍省の海軍航空本部は研究開発と教育訓練を担当していた。日本軍は1910年に初めて航空機を入手して、第一次世界大戦中に航空戦に大きな関心を寄せて研究開発を進めた。当初はヨーロッパの航空機を調達していたが、すぐに独自の航空機を製造して、空母建造計画に着手した。帝国海軍は、最初から空母として建造されたものとしては世界最初となる空母鳳翔を1922年に進水させた。その後、帝国海軍は余剰な巡洋戦艦と戦艦の幾つかを空母に改造する計画に着手した。海軍航空隊は防空、侵入攻撃、海戦、その他の任務に当たった。この任務は海軍航空隊が解体されるまで維持された。日本の航空兵訓練課程は非常に選抜的かつ厳格なものであり、良質で長く勤務し続ける空中勤務者の集団を養成した。第二次世界大戦の初期には、彼らが太平洋の空を支配した。しかしながら、この訓練課程は時間が掛かる事と、訓練用のガソリン不足が相俟って、海軍は質のよい交代要員を急速に供給する事は十分に出来なかった。更にアメリカやイギリスと異なり、日本では訓練課程を変更して新兵の訓練速度を上げる事もうまくいかなかった。結果的に航空兵・空中勤務者の量も質も低下していった事と、その他の要因も加わって、終戦期に向かって死傷者数が増加していく事につながった。海軍航空隊の操縦士は、陸軍飛行戦隊の操縦士と同様に、操縦性の高い航空機を好んだ。このため、軽量で非常に俊敏な航空機の開発へとつながった。中でも最も有名なものが零式艦上戦闘機である。これは装甲板や防弾式燃料タンクなどの装備を犠牲にして、軽量化と俊敏性を達成したものであった。
rdfs:label
  • 大日本帝国海軍航空隊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of