Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大政所(おおまんどころ、永正10年(1513年) - 天正20年7月22日(1592年8月29日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。名は仲(なか)とも伝えられる。法名は天瑞院春岩。豊臣秀吉、秀長、日秀、朝日姫の生母である。従一位。大政所は本来「大北政所」の略で、摂政・関白職にある者の母親に対して天皇の宣旨によって贈られる尊称である。彼女について正しくは天瑞院と呼ぶべきであるが、現在ではこの大政所の称で呼ばれることが主である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 63905 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57962999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大政所(おおまんどころ、永正10年(1513年) - 天正20年7月22日(1592年8月29日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。名は仲(なか)とも伝えられる。法名は天瑞院春岩。豊臣秀吉、秀長、日秀、朝日姫の生母である。従一位。大政所は本来「大北政所」の略で、摂政・関白職にある者の母親に対して天皇の宣旨によって贈られる尊称である。彼女について正しくは天瑞院と呼ぶべきであるが、現在ではこの大政所の称で呼ばれることが主である。
rdfs:label
  • 大政所
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of