大徳寺(だいとくじ、旧字体:大德寺)は、京都府京都市北区紫野大徳寺町にある寺院で、臨済宗大徳寺派の大本山である。山号は龍宝山(りゅうほうざん)。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は大燈国師宗峰妙超で、正中2年(1325年)に正式に創立されている。 京都でも有数の規模を有する禅宗寺院で、境内には仏殿や法堂(はっとう)をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を超える塔頭が立ち並び、近世寺院の雰囲気を残している。大徳寺は多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院である。本坊および塔頭寺院には、建造物・庭園・・茶道具・中国伝来の書画など、多くの文化財を残している。なお、大徳寺本坊は一般には非公開であり、塔頭も非公開のところが多い。

Property Value
dbo:abstract
  • 大徳寺(だいとくじ、旧字体:大德寺)は、京都府京都市北区紫野大徳寺町にある寺院で、臨済宗大徳寺派の大本山である。山号は龍宝山(りゅうほうざん)。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は大燈国師宗峰妙超で、正中2年(1325年)に正式に創立されている。 京都でも有数の規模を有する禅宗寺院で、境内には仏殿や法堂(はっとう)をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を超える塔頭が立ち並び、近世寺院の雰囲気を残している。大徳寺は多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院である。本坊および塔頭寺院には、建造物・庭園・・茶道具・中国伝来の書画など、多くの文化財を残している。なお、大徳寺本坊は一般には非公開であり、塔頭も非公開のところが多い。 (ja)
  • 大徳寺(だいとくじ、旧字体:大德寺)は、京都府京都市北区紫野大徳寺町にある寺院で、臨済宗大徳寺派の大本山である。山号は龍宝山(りゅうほうざん)。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は大燈国師宗峰妙超で、正中2年(1325年)に正式に創立されている。 京都でも有数の規模を有する禅宗寺院で、境内には仏殿や法堂(はっとう)をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を超える塔頭が立ち並び、近世寺院の雰囲気を残している。大徳寺は多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院である。本坊および塔頭寺院には、建造物・庭園・・茶道具・中国伝来の書画など、多くの文化財を残している。なお、大徳寺本坊は一般には非公開であり、塔頭も非公開のところが多い。 (ja)
dbo:address
  • 京都府京都市北区紫野大徳寺町53 (ja)
  • 京都府京都市北区紫野大徳寺町53 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 83078 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15197 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80987151 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:創建年
  • 正中2年(1325年) (ja)
  • 正中2年(1325年) (ja)
prop-ja:名称
  • 大徳寺 (ja)
  • 大徳寺 (ja)
prop-ja:宗派
  • 臨済宗大徳寺派 (ja)
  • 臨済宗大徳寺派 (ja)
prop-ja:寺号
prop-ja:寺格
prop-ja:山号
  • 龍宝山 (ja)
  • 龍宝山 (ja)
prop-ja:所在地
  • 京都府京都市北区紫野大徳寺町53 (ja)
  • 京都府京都市北区紫野大徳寺町53 (ja)
prop-ja:文化財
  • 勅使門、山門、仏殿、法堂、木造大燈国師坐像ほか(重要文化財) (ja)
  • 方丈庭園(非公開)(史跡・特別名勝) (ja)
  • 方丈、唐門、絹本墨画淡彩観音猿鶴図ほか(国宝) (ja)
  • 勅使門、山門、仏殿、法堂、木造大燈国師坐像ほか(重要文化財) (ja)
  • 方丈庭園(非公開)(史跡・特別名勝) (ja)
  • 方丈、唐門、絹本墨画淡彩観音猿鶴図ほか(国宝) (ja)
prop-ja:本尊
prop-ja:正式名
  • 龍宝山大徳寺 (ja)
  • 龍宝山大徳寺 (ja)
prop-ja:画像
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 仏殿(本堂) (ja)
  • 仏殿(本堂) (ja)
prop-ja:開基
prop-ja:院号
  • 不明 (ja)
  • 不明 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大徳寺(だいとくじ、旧字体:大德寺)は、京都府京都市北区紫野大徳寺町にある寺院で、臨済宗大徳寺派の大本山である。山号は龍宝山(りゅうほうざん)。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は大燈国師宗峰妙超で、正中2年(1325年)に正式に創立されている。 京都でも有数の規模を有する禅宗寺院で、境内には仏殿や法堂(はっとう)をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を超える塔頭が立ち並び、近世寺院の雰囲気を残している。大徳寺は多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院である。本坊および塔頭寺院には、建造物・庭園・・茶道具・中国伝来の書画など、多くの文化財を残している。なお、大徳寺本坊は一般には非公開であり、塔頭も非公開のところが多い。 (ja)
  • 大徳寺(だいとくじ、旧字体:大德寺)は、京都府京都市北区紫野大徳寺町にある寺院で、臨済宗大徳寺派の大本山である。山号は龍宝山(りゅうほうざん)。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は大燈国師宗峰妙超で、正中2年(1325年)に正式に創立されている。 京都でも有数の規模を有する禅宗寺院で、境内には仏殿や法堂(はっとう)をはじめとする中心伽藍のほか、20か寺を超える塔頭が立ち並び、近世寺院の雰囲気を残している。大徳寺は多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院である。本坊および塔頭寺院には、建造物・庭園・・茶道具・中国伝来の書画など、多くの文化財を残している。なお、大徳寺本坊は一般には非公開であり、塔頭も非公開のところが多い。 (ja)
rdfs:label
  • 大徳寺 (ja)
  • 大徳寺 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 大徳寺 (ja)
  • 大徳寺 (ja)
is dbo:restingPlace of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:埋葬地 of
is prop-ja:墓所 of
is prop-ja:宗派 of
is prop-ja:寺院 of
is prop-ja:山号 of
is foaf:primaryTopic of