大平 正芳(おおひら まさよし、1910年〈明治43年〉3月12日 - 1980年〈昭和55年〉6月12日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位菊花大綬章。 池田勇人の秘書官を経て政界に進出。宏池会会長として三角大福中の一角を占め、田中角栄内閣の外相として日中国交回復に貢献。四十日抗争やハプニング解散で消耗し、選挙中に首相在任のまま死去。「アーウー宰相」や「讃岐の鈍牛」の異名がある。 衆議院議員(11期)、内閣官房長官(第21・22代)、外務大臣(第92・93・100・101代)、通商産業大臣(第31代)、大蔵大臣(第79・80代)、内閣総理大臣(第68・69代)を歴任。首相就任までに椎名裁定、三木おろし、大福密約といった苦難があり、田園都市構想や一般消費税構想は実現しなかった。読書家、クリスチャンとして知られ、「戦後政界指折りの知性派」との評もある。

Property Value
dbo:abstract
  • 大平 正芳(おおひら まさよし、1910年〈明治43年〉3月12日 - 1980年〈昭和55年〉6月12日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位菊花大綬章。 池田勇人の秘書官を経て政界に進出。宏池会会長として三角大福中の一角を占め、田中角栄内閣の外相として日中国交回復に貢献。四十日抗争やハプニング解散で消耗し、選挙中に首相在任のまま死去。「アーウー宰相」や「讃岐の鈍牛」の異名がある。 衆議院議員(11期)、内閣官房長官(第21・22代)、外務大臣(第92・93・100・101代)、通商産業大臣(第31代)、大蔵大臣(第79・80代)、内閣総理大臣(第68・69代)を歴任。首相就任までに椎名裁定、三木おろし、大福密約といった苦難があり、田園都市構想や一般消費税構想は実現しなかった。読書家、クリスチャンとして知られ、「戦後政界指折りの知性派」との評もある。 (ja)
  • 大平 正芳(おおひら まさよし、1910年〈明治43年〉3月12日 - 1980年〈昭和55年〉6月12日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位菊花大綬章。 池田勇人の秘書官を経て政界に進出。宏池会会長として三角大福中の一角を占め、田中角栄内閣の外相として日中国交回復に貢献。四十日抗争やハプニング解散で消耗し、選挙中に首相在任のまま死去。「アーウー宰相」や「讃岐の鈍牛」の異名がある。 衆議院議員(11期)、内閣官房長官(第21・22代)、外務大臣(第92・93・100・101代)、通商産業大臣(第31代)、大蔵大臣(第79・80代)、内閣総理大臣(第68・69代)を歴任。首相就任までに椎名裁定、三木おろし、大福密約といった苦難があり、田園都市構想や一般消費税構想は実現しなかった。読書家、クリスチャンとして知られ、「戦後政界指折りの知性派」との評もある。 (ja)
dbo:activeYearsEndDate
  • 1924-02-01 (xsd:date)
dbo:activeYearsStartDate
  • 1930-01-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1980-06-12 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:school
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 43937 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 33808 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81188540 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:afternote
  • イタリア (ja)
  • イタリア (ja)
prop-ja:before
prop-ja:beforenote
  • 西ドイツ (ja)
  • 西ドイツ (ja)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1959 (xsd:integer)
  • 1979 (xsd:integer)
  • 第16代:1967年 - 1968年 (ja)
  • 第17代:1976年 - 1978年 (ja)
  • 第21・22代:1960年 - 1962年 (ja)
  • 第31代:1968年 - 1970年 (ja)
  • 第3代:1971年 - 1980年 (ja)
  • 第68・69代:1978年 - 1980年 (ja)
  • 第79・80代:1974年 - 1976年 (ja)
  • 第92・93代:1962年 - 1964年 (ja)
  • 第99・100代:1972年 - 1974年 (ja)
  • 第9代:1978年 - 1980年 (ja)
prop-ja:その他職歴
prop-ja:サイン
  • OhiraM kao.png (ja)
  • OhiraM kao.png (ja)
prop-ja:人名
  • 大平 正芳 (ja)
  • 大平 正芳 (ja)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 天皇 (ja)
  • 天皇 (ja)
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 香川県三豊郡和田村 (ja)
  • (現 観音寺市) (ja)
  • 香川県三豊郡和田村 (ja)
  • (現 観音寺市) (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:前代
  • 67 (xsd:integer)
prop-ja:前職
prop-ja:前首相名
  • 福田赳夫 (ja)
  • 福田赳夫 (ja)
prop-ja:各国語表記
  • おおひら まさよし (ja)
  • おおひら まさよし (ja)
prop-ja:国旗
  • JPN (ja)
  • JPN (ja)
prop-ja:在任期間
  • 1978 (xsd:integer)
prop-ja:就任日
  • --07-07
  • --07-16
  • --07-18
  • --07-19
  • --10-02
  • --11-30
  • --12-07
prop-ja:当代
  • 68 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:次代
  • 70 (xsd:integer)
prop-ja:次首相名
  • 鈴木善幸 (ja)
  • 鈴木善幸 (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京都港区 (ja)
  • 東京都港区 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1980-06-12 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --03-12
prop-ja:画像
  • Masayoshi Ohira 19781207.jpg (ja)
  • Masayoshi Ohira 19781207.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
  • dbpedia-ja:日本
  • 第100・101代 外務大臣 (ja)
  • 第31代 通商産業大臣 (ja)
  • 第68・69代 内閣総理大臣 (ja)
  • 第79・80代 大蔵大臣 (ja)
  • 第92-93代 外務大臣 (ja)
prop-ja:親族(政治家)_
  • 兄:大平数光(豊浜町長) (ja)
  • 娘婿:森田一(衆議院議員) (ja)
  • 兄:大平数光(豊浜町長) (ja)
  • 娘婿:森田一(衆議院議員) (ja)
prop-ja:退任日
  • --01-14
  • --05-19
  • --06-12
  • --07-16
  • --07-18
  • --12-24
prop-ja:退任理由
  • 在職のまま死去 (ja)
  • 在職のまま死去 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大平 正芳(おおひら まさよし、1910年〈明治43年〉3月12日 - 1980年〈昭和55年〉6月12日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位菊花大綬章。 池田勇人の秘書官を経て政界に進出。宏池会会長として三角大福中の一角を占め、田中角栄内閣の外相として日中国交回復に貢献。四十日抗争やハプニング解散で消耗し、選挙中に首相在任のまま死去。「アーウー宰相」や「讃岐の鈍牛」の異名がある。 衆議院議員(11期)、内閣官房長官(第21・22代)、外務大臣(第92・93・100・101代)、通商産業大臣(第31代)、大蔵大臣(第79・80代)、内閣総理大臣(第68・69代)を歴任。首相就任までに椎名裁定、三木おろし、大福密約といった苦難があり、田園都市構想や一般消費税構想は実現しなかった。読書家、クリスチャンとして知られ、「戦後政界指折りの知性派」との評もある。 (ja)
  • 大平 正芳(おおひら まさよし、1910年〈明治43年〉3月12日 - 1980年〈昭和55年〉6月12日)は、日本の大蔵官僚、政治家。位階は正二位。勲等は大勲位菊花大綬章。 池田勇人の秘書官を経て政界に進出。宏池会会長として三角大福中の一角を占め、田中角栄内閣の外相として日中国交回復に貢献。四十日抗争やハプニング解散で消耗し、選挙中に首相在任のまま死去。「アーウー宰相」や「讃岐の鈍牛」の異名がある。 衆議院議員(11期)、内閣官房長官(第21・22代)、外務大臣(第92・93・100・101代)、通商産業大臣(第31代)、大蔵大臣(第79・80代)、内閣総理大臣(第68・69代)を歴任。首相就任までに椎名裁定、三木おろし、大福密約といった苦難があり、田園都市構想や一般消費税構想は実現しなかった。読書家、クリスチャンとして知られ、「戦後政界指折りの知性派」との評もある。 (ja)
rdfs:label
  • 大平正芳 (ja)
  • 大平正芳 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 大平 正芳 (ja)
  • 大平 正芳 (ja)
is dbo:award of
is dbo:predecessor of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:afterElection of
is prop-ja:awards of
is prop-ja:before of
is prop-ja:beforeElection of
is prop-ja:candidate of
is prop-ja:leader of
is prop-ja:主な受賞歴 of
is prop-ja:前職 of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is foaf:primaryTopic of