Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大島本(おおしまぼん)とは、 源氏物語のきわめて著名な写本の1つ。本項で主に解説する。青表紙本系統である。 上記の「大島本」を含む、大島雅太郎が旧蔵していた古典籍。#その他の「大島本」参照。 源氏物語の写本の1つで、河内本系統のものにも、特に大島本と呼ばれるものもある。上記の青表紙系統本との混同を避けるため、今日では普通大島河内本と呼ばれる。源氏物語の写本としての大島本は、ほぼ全巻が揃い、青表紙本系統の本文を持つ源氏物語の写本のうち、現存最善本と考えられている。現在出版されている『源氏物語』の学術的な校訂本は、ほとんどこの大島本を底本にしている。佐渡の旧家から昭和初期(1930年(昭和5年)、1931年(昭和6年)の頃)に出現し、後に大島雅太郎が買い取って世に出たため、大島本という名がついた。大島雅太郎はさまざまな書物の古写本を収集したため、「大島本」の名で呼ばれる古写本は多くあるが、通常「大島本」と呼ぶ場合は、源氏物語のこの写本のことを言う。本項で、以下「大島本」とは、大島雅太郎旧蔵の源氏物語の写本を指す。『源氏物語』は、紫式部の自筆本が現存せず、また平安時代中期のものと認められる写本も存在しない。その中で藤原定家が校訂した、いわゆる「青表紙本」とされる写本は多く現存する。源氏物語の本文系譜を遡及すると、陽明文庫本源氏物語、保坂本源氏物語等、別本の一部に古態を認める説もあるが、一般には、江戸時代以降、広範に流布した上、近代以降でも、池田亀鑑、石田穣二、阿部秋生らの示唆したように、現存源氏物語諸本は、青表紙本原本に本文系譜遡及の限界を見る考えが浸透していると言える。現存する青表紙本系統の写本の中で、藤原定家が校訂した本文は、藤原定家自筆本5帖(伝承筆者の帖も含む)が現存する。ついで、定家自筆本を忠実に模したとされる明融臨模本8帖が優先順位第2位。3位に位置するのが、この大島本である。前2者は限られた帖しか現存しないが、大島本は、浮舟帖を除くほぼ全巻が現存する点、および、本文特性の優位性において、出現以来、今日に至るまで、源氏物語諸本中、最も重要な写本であるとされてきた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 589124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30903 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59213729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大島本(おおしまぼん)とは、 源氏物語のきわめて著名な写本の1つ。本項で主に解説する。青表紙本系統である。 上記の「大島本」を含む、大島雅太郎が旧蔵していた古典籍。#その他の「大島本」参照。 源氏物語の写本の1つで、河内本系統のものにも、特に大島本と呼ばれるものもある。上記の青表紙系統本との混同を避けるため、今日では普通大島河内本と呼ばれる。源氏物語の写本としての大島本は、ほぼ全巻が揃い、青表紙本系統の本文を持つ源氏物語の写本のうち、現存最善本と考えられている。現在出版されている『源氏物語』の学術的な校訂本は、ほとんどこの大島本を底本にしている。佐渡の旧家から昭和初期(1930年(昭和5年)、1931年(昭和6年)の頃)に出現し、後に大島雅太郎が買い取って世に出たため、大島本という名がついた。大島雅太郎はさまざまな書物の古写本を収集したため、「大島本」の名で呼ばれる古写本は多くあるが、通常「大島本」と呼ぶ場合は、源氏物語のこの写本のことを言う。本項で、以下「大島本」とは、大島雅太郎旧蔵の源氏物語の写本を指す。『源氏物語』は、紫式部の自筆本が現存せず、また平安時代中期のものと認められる写本も存在しない。その中で藤原定家が校訂した、いわゆる「青表紙本」とされる写本は多く現存する。源氏物語の本文系譜を遡及すると、陽明文庫本源氏物語、保坂本源氏物語等、別本の一部に古態を認める説もあるが、一般には、江戸時代以降、広範に流布した上、近代以降でも、池田亀鑑、石田穣二、阿部秋生らの示唆したように、現存源氏物語諸本は、青表紙本原本に本文系譜遡及の限界を見る考えが浸透していると言える。現存する青表紙本系統の写本の中で、藤原定家が校訂した本文は、藤原定家自筆本5帖(伝承筆者の帖も含む)が現存する。ついで、定家自筆本を忠実に模したとされる明融臨模本8帖が優先順位第2位。3位に位置するのが、この大島本である。前2者は限られた帖しか現存しないが、大島本は、浮舟帖を除くほぼ全巻が現存する点、および、本文特性の優位性において、出現以来、今日に至るまで、源氏物語諸本中、最も重要な写本であるとされてきた。
rdfs:label
  • 大島本
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of