Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大山廃寺跡(おおやまはいじあと)は、愛知県小牧市北東部の山中にかつて存在した寺院の跡である。正式な名称は「大山峰 正福寺」(おおやまみね しょうふくじ)。通称は「大山寺」(おおやまでら)。1929年(昭和4年)に国の史跡に指定されている。建物などはまったく残っておらず、僧坊があったとみられる平らたくなった所に、塔を支えるために設置されたと考えられている5つの礎石がある。また同寺と所縁がある児神社の境内から、近年になって平安時代の掘立柱建物3棟と中世の礎石建物2棟が見つかっている。一帯からは瓦や陶磁器なども多数見つかっているが、これらの遺構は現在小牧市歴史館に展示・保存されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 752085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48264276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 35.323027777777774 137.00555555555556
rdf:type
rdfs:comment
  • 大山廃寺跡(おおやまはいじあと)は、愛知県小牧市北東部の山中にかつて存在した寺院の跡である。正式な名称は「大山峰 正福寺」(おおやまみね しょうふくじ)。通称は「大山寺」(おおやまでら)。1929年(昭和4年)に国の史跡に指定されている。建物などはまったく残っておらず、僧坊があったとみられる平らたくなった所に、塔を支えるために設置されたと考えられている5つの礎石がある。また同寺と所縁がある児神社の境内から、近年になって平安時代の掘立柱建物3棟と中世の礎石建物2棟が見つかっている。一帯からは瓦や陶磁器なども多数見つかっているが、これらの遺構は現在小牧市歴史館に展示・保存されている。
rdfs:label
  • 大山廃寺跡
owl:sameAs
geo:lat
  • 35.323029 (xsd:float)
geo:long
  • 137.005554 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of