Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大山 定一(おおやま ていいち、1904年4月30日 - 1974年7月1日)は香川県出身のドイツ文学者。旧制第六高等学校から京都帝国大学文学部独文科に進み1928年に卒業。旧制第三高等学校講師、京都帝国大学文学部講師、法政大学予科講師などののち、1946年に京都大学文学部助教授、1950年に同教授となり、1968年に京大を定年退官してからは関西学院大学教授を勤めた。文人気質の外国文学者としてゲーテやリルケを初めとする多数の翻訳を著した。また中国文学者吉川幸次郎と翻訳のあり方をめぐって書簡で論議した『洛中書問』や、追悼文集『大山定一』(吉川幸次郎・富士正晴編、創樹社、1977年)がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1083459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56984817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大山 定一(おおやま ていいち、1904年4月30日 - 1974年7月1日)は香川県出身のドイツ文学者。旧制第六高等学校から京都帝国大学文学部独文科に進み1928年に卒業。旧制第三高等学校講師、京都帝国大学文学部講師、法政大学予科講師などののち、1946年に京都大学文学部助教授、1950年に同教授となり、1968年に京大を定年退官してからは関西学院大学教授を勤めた。文人気質の外国文学者としてゲーテやリルケを初めとする多数の翻訳を著した。また中国文学者吉川幸次郎と翻訳のあり方をめぐって書簡で論議した『洛中書問』や、追悼文集『大山定一』(吉川幸次郎・富士正晴編、創樹社、1977年)がある。
rdfs:label
  • 大山定一
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of