Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大坪 直行(おおつぼ なおゆき、1935年1月 - )は、日本の、編集者。東京生まれ。父は本郷坂下町(現・文京区千駄木3丁目)時代の講談社の向かいで郵便局を営み、野間清治の家に出入りしていた。早稲田大学大学院在学中、講談社学芸部でアルバイトしたのち、江戸川乱歩のスカウトで1958年、宝石社に入社。雑誌『宝石』の編集に従事し、主に日本人作家を担当する。詩人としても活動し「若い日本の会」にも参加。のち『宝石』最後の編集長に就任。1965年の『宝石』の光文社への移籍にあたり、光文社へ入社してそのまま編集長。のち退社して、1972年、石原慎太郎の薦めにより霊友会をスポンサーとする雑誌『いんなあとりっぷ』を創刊し、同時にいんなあとりっぷ社社長に就任。1990年まで『いんなあとりっぷ』を刊行。のち経心会(経営と心の会)代表。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2957390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57105721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大坪 直行(おおつぼ なおゆき、1935年1月 - )は、日本の、編集者。東京生まれ。父は本郷坂下町(現・文京区千駄木3丁目)時代の講談社の向かいで郵便局を営み、野間清治の家に出入りしていた。早稲田大学大学院在学中、講談社学芸部でアルバイトしたのち、江戸川乱歩のスカウトで1958年、宝石社に入社。雑誌『宝石』の編集に従事し、主に日本人作家を担当する。詩人としても活動し「若い日本の会」にも参加。のち『宝石』最後の編集長に就任。1965年の『宝石』の光文社への移籍にあたり、光文社へ入社してそのまま編集長。のち退社して、1972年、石原慎太郎の薦めにより霊友会をスポンサーとする雑誌『いんなあとりっぷ』を創刊し、同時にいんなあとりっぷ社社長に就任。1990年まで『いんなあとりっぷ』を刊行。のち経心会(経営と心の会)代表。
rdfs:label
  • 大坪直行
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of