Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大和の古道(やまとのこどう)とは、日本の古代道路のうち、大和国内に設置されたものをいい、 奈良盆地の東、平地と山地の間を縫うように南北に通る道。山辺の道(やまのべのみち) 奈良盆地の中央より東を南北に平行する三本の縦貫道。上ツ道(かみつみち)、中ツ道(なかつみち)、下ツ道(しもつみち)。また、これを「大和三道」ともいう。 奈良盆地の中央と南部を東西に平行する二本の横断道。横大路(よこおおじ)、北の横大路 奈良盆地の中央部を斜め(北北西-南南東方向)に通る道。筋違道(すじかいみち)などがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 390627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47807571 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大和の古道(やまとのこどう)とは、日本の古代道路のうち、大和国内に設置されたものをいい、 奈良盆地の東、平地と山地の間を縫うように南北に通る道。山辺の道(やまのべのみち) 奈良盆地の中央より東を南北に平行する三本の縦貫道。上ツ道(かみつみち)、中ツ道(なかつみち)、下ツ道(しもつみち)。また、これを「大和三道」ともいう。 奈良盆地の中央と南部を東西に平行する二本の横断道。横大路(よこおおじ)、北の横大路 奈良盆地の中央部を斜め(北北西-南南東方向)に通る道。筋違道(すじかいみち)などがある。
rdfs:label
  • 大和の古道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of