大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。 宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。 1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。 1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった。近年は主に映画監督として活動している。

Property Value
dbo:abstract
  • 大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。 宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。 1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。 1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった。近年は主に映画監督として活動している。 (ja)
  • 大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。 宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。 1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。 1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった。近年は主に映画監督として活動している。 (ja)
dbo:award
dbo:awardName
  • 芸術文化勲章シュバリエ、オフィシェ
  • 第41回アニー賞ウィンザー・マッケイ賞(生涯功労賞)
  • 第10回日本漫画家協会賞優秀賞
  • 第15回星雲賞コミック部門
  • 第4回日本SF大賞
  • 第8回講談社漫画賞一般部門
  • 紫綬褒章
  • (「童夢」「I・N・R・I」ほか)
  • (『AKIRA』)
  • (以上『童夢』)
dbo:birthPlace
dbo:birthYear
  • 1954-01-01 (xsd:gYear)
dbo:genre
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:wikiPageID
  • 610 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16117 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81432935 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:代表作
  • 『AKIRA』 (ja)
  • 『童夢』 (ja)
  • 『AKIRA』 (ja)
  • 『童夢』 (ja)
prop-ja:受賞
  • dbpedia-ja:芸術文化勲章
  • dbpedia-ja:褒章
  • 第41回アニー賞ウィンザー・マッケイ賞(生涯功労賞) (ja)
  • 第10回日本漫画家協会賞優秀賞 (ja)
  • 第15回星雲賞コミック部門 (ja)
  • 第4回日本SF大賞 (ja)
  • 第8回講談社漫画賞一般部門 (ja)
  • (「童夢」「I・N・R・I」ほか) (ja)
  • (『AKIRA』) (ja)
  • (以上『童夢』) (ja)
prop-ja:名前
  • 大友 克洋 (ja)
  • 大友 克洋 (ja)
prop-ja:活動期間
  • 1973 (xsd:integer)
prop-ja:生地
  • 宮城県 (ja)
  • 宮城県 (ja)
prop-ja:生年
  • 1954-04-14 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • FIBD2016OtomoHermann .jpg (ja)
  • FIBD2016OtomoHermann .jpg (ja)
prop-ja:職業
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。 宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。 1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。 1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった。近年は主に映画監督として活動している。 (ja)
  • 大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。 宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。 1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。 1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった。近年は主に映画監督として活動している。 (ja)
rdfs:label
  • 大友克洋 (ja)
  • 大友克洋 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 大友 克洋 (ja)
  • 大友 克洋 (ja)
is dbo:author of
is dbo:basedOn of
is dbo:creator of
is dbo:director of
is dbo:illustrator of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:author of
is prop-ja:illustrator of
is prop-ja:lyrics of
is prop-ja:キャラクターデザイン of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:影響 of
is prop-ja:監督 of
is prop-ja:脚本 of
is foaf:primaryTopic of