Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大入道山車 (おおにゅうどうだし) は、三重県四日市市に伝わる、大入道のからくり人形を乗せた山車。1976年(昭和51年)3月31日に三重県有形民俗文化財に指定された。諏訪神社の氏子町の一つである桶之町(現在の中納屋町)が、文化年間に製作したとされ、現在の山車は、明治初期に作られたもの。四日市市のシンボルキャラクターになっている。毎年10月に行なわれる諏訪神社の祭礼の四日市祭、毎年8月の第1土・日曜日に開催される「大四日市まつり」で曳き出され、中納屋町の大入道保存会の人形師が、首を伸ばしたり倒したり、舌を出したり、目や眉を動かしたり、と滑稽な動きを演じる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2962147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1321 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58474317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大入道山車 (おおにゅうどうだし) は、三重県四日市市に伝わる、大入道のからくり人形を乗せた山車。1976年(昭和51年)3月31日に三重県有形民俗文化財に指定された。諏訪神社の氏子町の一つである桶之町(現在の中納屋町)が、文化年間に製作したとされ、現在の山車は、明治初期に作られたもの。四日市市のシンボルキャラクターになっている。毎年10月に行なわれる諏訪神社の祭礼の四日市祭、毎年8月の第1土・日曜日に開催される「大四日市まつり」で曳き出され、中納屋町の大入道保存会の人形師が、首を伸ばしたり倒したり、舌を出したり、目や眉を動かしたり、と滑稽な動きを演じる。
rdfs:label
  • 大入道山車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of