Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大伴 国麻呂(おおとも の くにまろ、生没年不詳))は、日本の飛鳥時代の人物である。当時の有力氏族大伴氏に属するが、系譜は不明。姓は連。天武天皇4年7月7日(675年8月3日)に遣新羅大使として新羅に派遣された。国麻呂の冠位はこのとき小錦上で、小錦下の三宅入石を副使として伴った。翌天武天皇5年(676年)2月に新羅から帰国している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1101310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55437312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大伴 国麻呂(おおとも の くにまろ、生没年不詳))は、日本の飛鳥時代の人物である。当時の有力氏族大伴氏に属するが、系譜は不明。姓は連。天武天皇4年7月7日(675年8月3日)に遣新羅大使として新羅に派遣された。国麻呂の冠位はこのとき小錦上で、小錦下の三宅入石を副使として伴った。翌天武天皇5年(676年)2月に新羅から帰国している。
rdfs:label
  • 大伴国麻呂
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of