Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大伴吹負(おおとも の ふけい、生年不明 - 天武天皇12年8月5日(683年9月1日))は、日本の飛鳥時代の人物である。旧仮名遣いでの読みは、「おほとものふけひ」。名は男吹負、小吹負(おふけい)とも書き、旧仮名遣いで「をふけひ」となる。姓(カバネ)は連。父は大伴咋、兄に長徳、馬来田、子に牛養と祖父麻呂がいる。672年の壬申の乱で、吹負は大海人皇子(天武天皇)側に立って兵を挙げ、飛鳥の倭京に集結中の敵軍を乗っ取って、倭(大和)の方面の将軍になった。及楽山で敗れたが、葦池と中つ道で連勝し、最終的に大和を制圧して難波に進出した。常道頭。贈大錦中。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 491915 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 35543394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大伴吹負(おおとも の ふけい、生年不明 - 天武天皇12年8月5日(683年9月1日))は、日本の飛鳥時代の人物である。旧仮名遣いでの読みは、「おほとものふけひ」。名は男吹負、小吹負(おふけい)とも書き、旧仮名遣いで「をふけひ」となる。姓(カバネ)は連。父は大伴咋、兄に長徳、馬来田、子に牛養と祖父麻呂がいる。672年の壬申の乱で、吹負は大海人皇子(天武天皇)側に立って兵を挙げ、飛鳥の倭京に集結中の敵軍を乗っ取って、倭(大和)の方面の将軍になった。及楽山で敗れたが、葦池と中つ道で連勝し、最終的に大和を制圧して難波に進出した。常道頭。贈大錦中。
rdfs:label
  • 大伴吹負
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:後裔 of
is foaf:primaryTopic of