Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大仏(だいぶつ)は、大きな仏像を指す通称。中国などアジアの仏教圏では、天然の岩壁を彫刻した磨崖仏などが古くから造られてきた。日本においては、奈良時代に聖武天皇が、国家の安寧と民の幸福を祈願して東大寺に奈良の大仏(東大寺大仏)を造立したのを嚆矢とする。以降、現代に至るまで、大きな功徳を求めた願主によって各地に大きな仏像が造られてきた。日本各地に「大仏」を称する仏像があるが、どのくらいの大きさの仏像を「大仏」とするかという明確な基準は特にない。『広辞苑』は「丈六(1丈6尺=約4.85m)以上の大きな仏像」と定義しているが、その定義より小さくても「大仏」と称するものもある。また、大仏を安置する仏堂を大仏殿(だいぶつでん)と呼ぶことがあり、東大寺の大仏殿(金堂)が有名である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59079515 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大仏(だいぶつ)は、大きな仏像を指す通称。中国などアジアの仏教圏では、天然の岩壁を彫刻した磨崖仏などが古くから造られてきた。日本においては、奈良時代に聖武天皇が、国家の安寧と民の幸福を祈願して東大寺に奈良の大仏(東大寺大仏)を造立したのを嚆矢とする。以降、現代に至るまで、大きな功徳を求めた願主によって各地に大きな仏像が造られてきた。日本各地に「大仏」を称する仏像があるが、どのくらいの大きさの仏像を「大仏」とするかという明確な基準は特にない。『広辞苑』は「丈六(1丈6尺=約4.85m)以上の大きな仏像」と定義しているが、その定義より小さくても「大仏」と称するものもある。また、大仏を安置する仏堂を大仏殿(だいぶつでん)と呼ぶことがあり、東大寺の大仏殿(金堂)が有名である。
rdfs:label
  • 大仏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of