Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大久保 公策(おおくぼ こうさく、1959年11月-)は、日本の医学者。総合研究大学院大学(国立遺伝学研究所)教授。DBCLS教授。生命情報・DDBJ研究センター センター長。アナトモグラフィー開発責任者。1982年、東京大学の工学部を卒業。大阪大学の医学部に学士編入。1986年、医学部を主席で卒業、医師免許を取得。1年間臨床医として現場にたつ。その後大阪大学大学院へ進む。1991年、「cDNAに基づくヒトゲノムプロジェクトの提唱」というタイトルの論文で博士号取得(医学博士)。以後、研究者としての道を歩む。研究分野は分子生物学。2003年、国立遺伝学研究所の教授となってからは、世界中に分散して存在している多数の生命科学分野のデーターベースを、より統合した形で利用できるようインターフェース等を整備していく活動・研究を行っている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2055445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58816506 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大久保 公策(おおくぼ こうさく、1959年11月-)は、日本の医学者。総合研究大学院大学(国立遺伝学研究所)教授。DBCLS教授。生命情報・DDBJ研究センター センター長。アナトモグラフィー開発責任者。1982年、東京大学の工学部を卒業。大阪大学の医学部に学士編入。1986年、医学部を主席で卒業、医師免許を取得。1年間臨床医として現場にたつ。その後大阪大学大学院へ進む。1991年、「cDNAに基づくヒトゲノムプロジェクトの提唱」というタイトルの論文で博士号取得(医学博士)。以後、研究者としての道を歩む。研究分野は分子生物学。2003年、国立遺伝学研究所の教授となってからは、世界中に分散して存在している多数の生命科学分野のデーターベースを、より統合した形で利用できるようインターフェース等を整備していく活動・研究を行っている。
rdfs:label
  • 大久保公策
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of