Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大ベルリン(ドイツ語: Groß-Berlin, グロース=ベルリン)は、1920年に制定された自治体または単一自治体としてのベルリンを指す名称である。領域は今日のものと幾分異なる。19世紀に産業集積地となったベルリン(アルト=ベルリン)は、都市計画で調整されることなく発展が進んだ。1911年に目的連合が作られたが、これでは不十分なことが明らかになった。その後878 km²もの面積をもつ市域を設定することで、都市計画による調整を進め、また領域内での財政、社会面での大きな不均衡を調整することが可能になった。第二次世界大戦までは、約400万人がこの地域に居住していた。戦後、人口は300万人未満から350万人に再び増加した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3117815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56096877 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
rdfs:comment
  • 大ベルリン(ドイツ語: Groß-Berlin, グロース=ベルリン)は、1920年に制定された自治体または単一自治体としてのベルリンを指す名称である。領域は今日のものと幾分異なる。19世紀に産業集積地となったベルリン(アルト=ベルリン)は、都市計画で調整されることなく発展が進んだ。1911年に目的連合が作られたが、これでは不十分なことが明らかになった。その後878 km²もの面積をもつ市域を設定することで、都市計画による調整を進め、また領域内での財政、社会面での大きな不均衡を調整することが可能になった。第二次世界大戦までは、約400万人がこの地域に居住していた。戦後、人口は300万人未満から350万人に再び増加した。
rdfs:label
  • 大ベルリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of