Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 多項式(たこうしき、polynomial)は定数および変数あるいは不定元の和と積のみからなり、代数学の重要な対象となる数学的概念である。歴史的にも現代代数学の成立に大きな役割を果たした。多項式とは3x3 − 7x2 + 2x - 23のような形をした式である。加法や減法を全て加法として次の式のように考えた場合、3x3 + (−7x2 )+ 2x + ( -23 )加法の記号で区切られた式の "3x3", "−7x2", "2x", "-23" のことを項(こう、term)と呼び、複数の項を足し合わせることでできる式であることから多項式と呼ばれる。一つの項だけからできている式を単項式(たんこうしき、monomial)と呼び、複数の項からできているものだけを多項式と呼んで、単項式と多項式を併せて整式と呼ぶ流儀もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 11740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58848531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 多項式(たこうしき、polynomial)は定数および変数あるいは不定元の和と積のみからなり、代数学の重要な対象となる数学的概念である。歴史的にも現代代数学の成立に大きな役割を果たした。多項式とは3x3 − 7x2 + 2x - 23のような形をした式である。加法や減法を全て加法として次の式のように考えた場合、3x3 + (−7x2 )+ 2x + ( -23 )加法の記号で区切られた式の "3x3", "−7x2", "2x", "-23" のことを項(こう、term)と呼び、複数の項を足し合わせることでできる式であることから多項式と呼ばれる。一つの項だけからできている式を単項式(たんこうしき、monomial)と呼び、複数の項からできているものだけを多項式と呼んで、単項式と多項式を併せて整式と呼ぶ流儀もある。
rdfs:label
  • 多項式
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of