Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 多賀郷(たがごう、たがのごう)は、日本の陸奥国宮城郡にあった郷で、現在の宮城県多賀城市を中心とする。離れた二つの時代にあり、奈良時代から平安時代の多賀郷は、宮城郡を構成する10郷の一つ。戦国時代の多賀郷は、当時の小大名留守氏の支配域にかかる宮城郡北東部を指し、またそのうち中心的な町であった洞ノ口(現在の仙台市宮城野区岩切洞ノ口)をも指した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2604926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58440951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 多賀郷(たがごう、たがのごう)は、日本の陸奥国宮城郡にあった郷で、現在の宮城県多賀城市を中心とする。離れた二つの時代にあり、奈良時代から平安時代の多賀郷は、宮城郡を構成する10郷の一つ。戦国時代の多賀郷は、当時の小大名留守氏の支配域にかかる宮城郡北東部を指し、またそのうち中心的な町であった洞ノ口(現在の仙台市宮城野区岩切洞ノ口)をも指した。
rdfs:label
  • 多賀郷
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of