Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 多幸感(たこうかん、英:Euphoria)とは、非常に強い幸福感や超越的満足感のことである。脳内で、快楽などを司るA10神経のシナプス間に、幸福感を司る神経伝達物質であるセロトニンが、大量に放出されている状態とされる。愛情による至福感や、競技で勝利したときの陶酔感、オーガズムは、多幸感の例である。また、多幸感は宗教的儀式や瞑想によっても生じうる。特定の薬物の副作用として生じる場合もあり、また、精神や神経の疾患によって生じる場合もある。高齢者が自然と感じるようになる幸福感も多幸感の一種とされる(老年的超越)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 477440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1748 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57517504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 多幸感(たこうかん、英:Euphoria)とは、非常に強い幸福感や超越的満足感のことである。脳内で、快楽などを司るA10神経のシナプス間に、幸福感を司る神経伝達物質であるセロトニンが、大量に放出されている状態とされる。愛情による至福感や、競技で勝利したときの陶酔感、オーガズムは、多幸感の例である。また、多幸感は宗教的儀式や瞑想によっても生じうる。特定の薬物の副作用として生じる場合もあり、また、精神や神経の疾患によって生じる場合もある。高齢者が自然と感じるようになる幸福感も多幸感の一種とされる(老年的超越)。
rdfs:label
  • 多幸感
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of