Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 外郎売(ういろううり)は歌舞伎十八番の一つ。享保3年(1718年)正月、江戸森田座の『若緑勢曾我』(わかみどり いきおい そが)で、二代目市川團十郎によって初演された。現在は十二代目團十郎が復活させたもの(野口達二脚本)が上演されている。今日では「外郎売」と言えばその劇中に出てくる外郎売の長科白を指すことが多い。俳優やタレントなどの養成所、或いはアナウンサーの研修等で発声練習や滑舌の練習に使われているが、漢字の読みやアクセントは何種類かある。これは出典をどこから引用したかによる違いである。(例:一粒=「いちりゅう」「ひとつぶ」「健やかに成って・健やかに成りて」舌=「した」「ぜつ」 唇=「しん」「くちびる」など)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 404129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58854620 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 外郎売(ういろううり)は歌舞伎十八番の一つ。享保3年(1718年)正月、江戸森田座の『若緑勢曾我』(わかみどり いきおい そが)で、二代目市川團十郎によって初演された。現在は十二代目團十郎が復活させたもの(野口達二脚本)が上演されている。今日では「外郎売」と言えばその劇中に出てくる外郎売の長科白を指すことが多い。俳優やタレントなどの養成所、或いはアナウンサーの研修等で発声練習や滑舌の練習に使われているが、漢字の読みやアクセントは何種類かある。これは出典をどこから引用したかによる違いである。(例:一粒=「いちりゅう」「ひとつぶ」「健やかに成って・健やかに成りて」舌=「した」「ぜつ」 唇=「しん」「くちびる」など)
rdfs:label
  • 外郎売
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of