Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 外国人参政権裁判(がいこくじんさんせいけんさいばん)では、日本における外国人参政権請求裁判について概説する。これまでに、国政参政権、地方参政権、国政被選挙権について請求裁判が行われ、いずれも最高裁においてすべて請求棄却された。2013年現在、日本国内法では国政地方ともに外国人参政権は認められていない。1995年(平成7年)2月28日の最高裁判決は、判決において請求棄却とした。また[一般的に[傍論]と述べられる部分]において地方参政権の付与を地方自治体が行わないことは、違憲の問題は生じないとした。これが後に参政権付与運動の根拠とされ、2010年11月29日には菅内閣が、傍論部分を「最大限尊重しなければならない」とする政府答弁書を閣議決定した。しかし、これに対しては傍論作成に関与した元最高裁判事園部逸夫が「ありえない」と批判した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2060533 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14401 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58382096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • 選挙人名簿不登録処分に対する異議の申出却下決定取消
prop-ja:事件番号
  • 最高裁判所 平成5163
prop-ja:判例集
  • 民集第49巻2号639頁
prop-ja:参照法条
  • 憲法93条2項 地方自治法11条 18条 公職選挙法9条2項
prop-ja:反対意見
  • なし
prop-ja:多数意見
  • 全員一致
prop-ja:意見
  • なし
prop-ja:法廷名
  • 第三小法廷
prop-ja:裁判年月日
  • --02-28
prop-ja:裁判要旨
  • 憲法93条2項の住民とは日本国民のことであり、在留外国人に地方参政権を保障したものではない。憲法は法律をもって居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至った定住外国人に対し地方参政権を付与することを禁止していないが、それは国の立法政策にかかわる事柄であって、そのような立法を行わないからといって違憲の問題は生じない。選挙権を日本国民たる住民に限るものとした地方自治法11条、18条、公職選挙法9条2項の規定は違憲ではない。
prop-ja:裁判長
prop-ja:陪席裁判官
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 外国人参政権裁判(がいこくじんさんせいけんさいばん)では、日本における外国人参政権請求裁判について概説する。これまでに、国政参政権、地方参政権、国政被選挙権について請求裁判が行われ、いずれも最高裁においてすべて請求棄却された。2013年現在、日本国内法では国政地方ともに外国人参政権は認められていない。1995年(平成7年)2月28日の最高裁判決は、判決において請求棄却とした。また[一般的に[傍論]と述べられる部分]において地方参政権の付与を地方自治体が行わないことは、違憲の問題は生じないとした。これが後に参政権付与運動の根拠とされ、2010年11月29日には菅内閣が、傍論部分を「最大限尊重しなければならない」とする政府答弁書を閣議決定した。しかし、これに対しては傍論作成に関与した元最高裁判事園部逸夫が「ありえない」と批判した。
rdfs:label
  • 外国人参政権裁判
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of