Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 外国人・治安諸法(がいこくじん・ちあんしょほう、英:Alien and Sedition Acts)は、1798年にアメリカ合衆国で制定された4つで1組の法律である。法制定を主導したのは連邦党であり、当時の大統領はジョン・アダムズであった。この時期はフランスとの間に後に疑似戦争と呼ばれる宣戦布告の無い戦争をしていた。提案した連邦党はアメリカ合衆国を敵性外国人から守り、政府を弱めるような治安妨害を止めさせるために考案したと主張した。民主共和党は、後の歴史家達と同様に、これらの法が憲法に違背しており、行政に対する批判を抑えるために考案されていること、また州の権限を侵していると言って攻撃した。これらの法は1798年と1800年の選挙で大きな政治問題になった。この法律の中で敵性外国人法のみが2007年でも有効であり、戦時には強制されてきた歴史がある。他の3つの法律は1802年までに失効するか他の法律に置き換えられた。トーマス・ジェファーソンはこれらの法律全てが違憲であり、無効とし、法に触れて有罪宣告された者全てに恩赦を与え、釈放を命令した。一般に外国人・治安諸法と呼ばれるものは、次の4つの法律である。 1798年の外国人帰化法(公式名称は外国人帰化の統一規則を設定する法律)は、外国人がアメリカ合衆国市民となる条件としてアメリカでの在留期間を5年間から14年間に延長した。1798年6月18日に執行され、失効の日は定められなかったが、1802年に撤廃された。 友好的外国人法(公式名称は外国人に関する法)は、「アメリカ合衆国の平和と安全にとって危険である」と見なされる在留外国人を強制退去させる権限を大統領に与えた。この法はフランスの同調者に対する恐れから制定された。当時アメリカ合衆国とフランス革命政府との間の戦争の可能性が強まっていた。1798年7月25日に執行され、2年間の時限立法であった。 敵性外国人法(公式名称は外国の敵に関する法)は、在留外国人の本国とアメリカ合衆国とが戦争になった場合に、その在留外国人を拘束し、強制退去させる権限を大統領に与えた。1798年7月6日に執行され、失効の日は定められなかった。現在でも有効である。 治安法(公式名称はアメリカ合衆国に対する特定の犯罪の罰則を定める法)は、政府あるいはその執行部門に対して「虚偽の、中傷的なおよび悪意のある文書」を出版することを犯罪とした。1798年7月14日に執行され、1801年3月3日までの時限立法とされた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1240068 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57567883 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 外国人・治安諸法(がいこくじん・ちあんしょほう、英:Alien and Sedition Acts)は、1798年にアメリカ合衆国で制定された4つで1組の法律である。法制定を主導したのは連邦党であり、当時の大統領はジョン・アダムズであった。この時期はフランスとの間に後に疑似戦争と呼ばれる宣戦布告の無い戦争をしていた。提案した連邦党はアメリカ合衆国を敵性外国人から守り、政府を弱めるような治安妨害を止めさせるために考案したと主張した。民主共和党は、後の歴史家達と同様に、これらの法が憲法に違背しており、行政に対する批判を抑えるために考案されていること、また州の権限を侵していると言って攻撃した。これらの法は1798年と1800年の選挙で大きな政治問題になった。この法律の中で敵性外国人法のみが2007年でも有効であり、戦時には強制されてきた歴史がある。他の3つの法律は1802年までに失効するか他の法律に置き換えられた。トーマス・ジェファーソンはこれらの法律全てが違憲であり、無効とし、法に触れて有罪宣告された者全てに恩赦を与え、釈放を命令した。一般に外国人・治安諸法と呼ばれるものは、次の4つの法律である。 1798年の外国人帰化法(公式名称は外国人帰化の統一規則を設定する法律)は、外国人がアメリカ合衆国市民となる条件としてアメリカでの在留期間を5年間から14年間に延長した。1798年6月18日に執行され、失効の日は定められなかったが、1802年に撤廃された。 友好的外国人法(公式名称は外国人に関する法)は、「アメリカ合衆国の平和と安全にとって危険である」と見なされる在留外国人を強制退去させる権限を大統領に与えた。この法はフランスの同調者に対する恐れから制定された。当時アメリカ合衆国とフランス革命政府との間の戦争の可能性が強まっていた。1798年7月25日に執行され、2年間の時限立法であった。 敵性外国人法(公式名称は外国の敵に関する法)は、在留外国人の本国とアメリカ合衆国とが戦争になった場合に、その在留外国人を拘束し、強制退去させる権限を大統領に与えた。1798年7月6日に執行され、失効の日は定められなかった。現在でも有効である。 治安法(公式名称はアメリカ合衆国に対する特定の犯罪の罰則を定める法)は、政府あるいはその執行部門に対して「虚偽の、中傷的なおよび悪意のある文書」を出版することを犯罪とした。1798年7月14日に執行され、1801年3月3日までの時限立法とされた。
rdfs:label
  • 外国人・治安諸法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of