Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 変形(へんけい、英: deformation)とは、連続体力学における物体の初期状態から最終状態への変換である。一般に変形とは形状の変化を意味するが、連続体力学では形状の変化が生じない剛体運動を含む ( footnote 4, p. 48)。変形は外力、物体力(重力や電磁力など)、物体内の温度変化によって生じる。また、ひずみは物体内の物質点の相対変位による変形の尺度である。応力とひずみの関係は、線形弾性材料におけるフックの法則のような構成式によって記述される。応力が除荷された後、完全に初期状態へ戻る変形を弾性変形と呼ぶ。一方、応力が除荷された後でも残る変形を塑性変形と呼ぶ。塑性変形は応力が降伏応力に達した後に物体内で発生し、すべりや原子レベルでの転位によって進行する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2754758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58880951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 変形(へんけい、英: deformation)とは、連続体力学における物体の初期状態から最終状態への変換である。一般に変形とは形状の変化を意味するが、連続体力学では形状の変化が生じない剛体運動を含む ( footnote 4, p. 48)。変形は外力、物体力(重力や電磁力など)、物体内の温度変化によって生じる。また、ひずみは物体内の物質点の相対変位による変形の尺度である。応力とひずみの関係は、線形弾性材料におけるフックの法則のような構成式によって記述される。応力が除荷された後、完全に初期状態へ戻る変形を弾性変形と呼ぶ。一方、応力が除荷された後でも残る変形を塑性変形と呼ぶ。塑性変形は応力が降伏応力に達した後に物体内で発生し、すべりや原子レベルでの転位によって進行する。
rdfs:label
  • 変形
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of