士部(しぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では33番目に置かれる(3画の4番目)。 「兵士」「士大夫」というように、中国古代社会においては、「士」は支配力を握る男性を意味する語でもあり、後にはそのうちで学芸に秀でた知識人を意味するようになった(士を参照)。『説文解字』は、「一」から始まり「十」で終わる会意文字としているが、一説に男性性器の象形ともいわれる。 偏旁の意符としては男性に関することを示す。 士部はこのような意符をもつ漢字と「士」の形を筆画としてもつ漢字を分類している。

Property Value
dbo:abstract
  • 士部(しぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では33番目に置かれる(3画の4番目)。 「兵士」「士大夫」というように、中国古代社会においては、「士」は支配力を握る男性を意味する語でもあり、後にはそのうちで学芸に秀でた知識人を意味するようになった(士を参照)。『説文解字』は、「一」から始まり「十」で終わる会意文字としているが、一説に男性性器の象形ともいわれる。 偏旁の意符としては男性に関することを示す。 士部はこのような意符をもつ漢字と「士」の形を筆画としてもつ漢字を分類している。 (ja)
  • 士部(しぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では33番目に置かれる(3画の4番目)。 「兵士」「士大夫」というように、中国古代社会においては、「士」は支配力を握る男性を意味する語でもあり、後にはそのうちで学芸に秀でた知識人を意味するようになった(士を参照)。『説文解字』は、「一」から始まり「十」で終わる会意文字としているが、一説に男性性器の象形ともいわれる。 偏旁の意符としては男性に関することを示す。 士部はこのような意符をもつ漢字と「士」の形を筆画としてもつ漢字を分類している。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 741025 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1082 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81365913 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 士部(しぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では33番目に置かれる(3画の4番目)。 「兵士」「士大夫」というように、中国古代社会においては、「士」は支配力を握る男性を意味する語でもあり、後にはそのうちで学芸に秀でた知識人を意味するようになった(士を参照)。『説文解字』は、「一」から始まり「十」で終わる会意文字としているが、一説に男性性器の象形ともいわれる。 偏旁の意符としては男性に関することを示す。 士部はこのような意符をもつ漢字と「士」の形を筆画としてもつ漢字を分類している。 (ja)
  • 士部(しぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では33番目に置かれる(3画の4番目)。 「兵士」「士大夫」というように、中国古代社会においては、「士」は支配力を握る男性を意味する語でもあり、後にはそのうちで学芸に秀でた知識人を意味するようになった(士を参照)。『説文解字』は、「一」から始まり「十」で終わる会意文字としているが、一説に男性性器の象形ともいわれる。 偏旁の意符としては男性に関することを示す。 士部はこのような意符をもつ漢字と「士」の形を筆画としてもつ漢字を分類している。 (ja)
rdfs:label
  • 士部 (ja)
  • 士部 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of