Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 増幅回路(ぞうふくかいろ)とは、増幅機能を持った電子回路であり、電源から電力を供給され、入力信号により能動素子の動作を制御して電源電力を基に入力信号より大きなエネルギーの出力信号を得るものである。信号のエネルギーを増幅する目的のほか、増幅作用を利用する発振回路、演算回路などの構成要素でもある。電気的(電子的)なものの他に、磁気増幅器や光増幅器などもある。以下電子回路について説明する。真空管回路では、その構成と特性により、もっぱら「電圧増幅」と「電力増幅」に大別されたが、トランシスタの様な電流増幅素子の出現で、電力を取り出す目的の動作が「電力増幅」、そうではない途中の信号エネルギー増幅を主な動作状態により「電圧増幅」「電流増幅」と呼ぶ様になった。信号トランスは電圧を増やす動作をしていても元々増幅器ではない。普通増幅回路といえばアナログな(殊にリニア的な)ものを指すが、拡張的に考えれば、スイッチング回路は最も単純な増幅回路であり、ONとOFFの信号のみを増幅する事に特化している。電子工学以前の電磁機械動作の時代からある増幅回路(→リレー)でもあり、リレーにより信号を中継することを「アンプする」という語がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 157191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59147732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 増幅回路(ぞうふくかいろ)とは、増幅機能を持った電子回路であり、電源から電力を供給され、入力信号により能動素子の動作を制御して電源電力を基に入力信号より大きなエネルギーの出力信号を得るものである。信号のエネルギーを増幅する目的のほか、増幅作用を利用する発振回路、演算回路などの構成要素でもある。電気的(電子的)なものの他に、磁気増幅器や光増幅器などもある。以下電子回路について説明する。真空管回路では、その構成と特性により、もっぱら「電圧増幅」と「電力増幅」に大別されたが、トランシスタの様な電流増幅素子の出現で、電力を取り出す目的の動作が「電力増幅」、そうではない途中の信号エネルギー増幅を主な動作状態により「電圧増幅」「電流増幅」と呼ぶ様になった。信号トランスは電圧を増やす動作をしていても元々増幅器ではない。普通増幅回路といえばアナログな(殊にリニア的な)ものを指すが、拡張的に考えれば、スイッチング回路は最も単純な増幅回路であり、ONとOFFの信号のみを増幅する事に特化している。電子工学以前の電磁機械動作の時代からある増幅回路(→リレー)でもあり、リレーにより信号を中継することを「アンプする」という語がある。
rdfs:label
  • 増幅回路
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:transmitter of
is foaf:primaryTopic of