Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 塩野谷 九十九(しおのや つくも、1905年10月12日 - 1983年6月4日)は、日本の経済学者。元名古屋大学経済学部教授。名古屋大学名誉教授。ケインズ経済学研究の権威で、ケインズの著書『雇用・利子および貨幣の一般理論』の初代翻訳者(1941年)。愛知県出身。1926年名古屋高等商業学校(現名古屋大学経済学部)卒業、1930年東京商科大学(現一橋大学)卒業(高垣寅次郎門下)。その後横浜市立横浜商業専門学校 (旧制)教授、名古屋大学経済学部教授等を歴任。飯田経夫(名古屋大学名誉教授)、水谷研治(エコノミスト)、清水義之 (実業家)(元十六銀行頭取)、花田実(元岐阜銀行頭取)、田中博秀(元労働省労働研修所所長)は塩野谷ゼミ出身。一橋大学を追われた水田洋(名古屋大名誉教授、日本学士院会員)を名古屋大学に招いた。元一橋大学学長で文化功労者の塩野谷祐一は子。『雇用・利子および貨幣の一般理論』は、1983年に塩野谷祐一により改訳された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1805835 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50407580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 塩野谷 九十九(しおのや つくも、1905年10月12日 - 1983年6月4日)は、日本の経済学者。元名古屋大学経済学部教授。名古屋大学名誉教授。ケインズ経済学研究の権威で、ケインズの著書『雇用・利子および貨幣の一般理論』の初代翻訳者(1941年)。愛知県出身。1926年名古屋高等商業学校(現名古屋大学経済学部)卒業、1930年東京商科大学(現一橋大学)卒業(高垣寅次郎門下)。その後横浜市立横浜商業専門学校 (旧制)教授、名古屋大学経済学部教授等を歴任。飯田経夫(名古屋大学名誉教授)、水谷研治(エコノミスト)、清水義之 (実業家)(元十六銀行頭取)、花田実(元岐阜銀行頭取)、田中博秀(元労働省労働研修所所長)は塩野谷ゼミ出身。一橋大学を追われた水田洋(名古屋大名誉教授、日本学士院会員)を名古屋大学に招いた。元一橋大学学長で文化功労者の塩野谷祐一は子。『雇用・利子および貨幣の一般理論』は、1983年に塩野谷祐一により改訳された。
rdfs:label
  • 塩野谷九十九
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:translator of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:translator of
is foaf:primaryTopic of