Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 塩味(えんみ・しおあじ・しおみ)は、味覚、特に基本味のうちの一つ。鹹味(かんみ)。塩味の代表的な味物質は食塩(塩化ナトリウム)である。塩味はナトリウムイオンによって感じ、陰イオンが塩化物イオンのとき、つまり食塩の時に一番強く感じる。塩味における味覚受容機構は、大まかにナトリウムイオンが味細胞内に直接流入し、脱分極させることである。しかしながら、この機構にはまだ不明な点が存在している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 515437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53094622 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 塩味(えんみ・しおあじ・しおみ)は、味覚、特に基本味のうちの一つ。鹹味(かんみ)。塩味の代表的な味物質は食塩(塩化ナトリウム)である。塩味はナトリウムイオンによって感じ、陰イオンが塩化物イオンのとき、つまり食塩の時に一番強く感じる。塩味における味覚受容機構は、大まかにナトリウムイオンが味細胞内に直接流入し、脱分極させることである。しかしながら、この機構にはまだ不明な点が存在している。
rdfs:label
  • 塩味
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of