Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 堀 辰雄(ほり たつお、1904年(明治37年)12月28日 - 1953年(昭和28年)5月28日)は、日本の小説家。それまで私小説的となっていた日本の小説の流れの中に、意識的にフィクションによる「作りもの」としてのロマン(西洋流の小説)という文学形式を確立しようとした。フランス文学の心理主義を積極的に取り入れ、日本の古典や王朝女流文学にも新しい生命を見出し、それらを融合させることによって独自の文学世界を創造した。肺結核を病み、軽井沢に療養することも度々あり、そこを舞台にした作品を多く残した。戦時下の不安な時代に、時流に安易に迎合しない堀の作風は、後進の世代の立原道造、中村真一郎、福永武彦、丸岡明などから支持され、彼らは堀の弟子のような存在として知られている。戦争末期からは結核の症状が悪化し、戦後はほとんど作品の発表もできず、闘病生活を送ったが48歳で死去した。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1947-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1925-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:birthDate
  • 1928-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1953-05-28 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:education
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:imageSize
  • 180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 39570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58962852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京帝国大学国文科
prop-ja:birthDate
  • --12-28
prop-ja:birthPlace
  • ・東京府東京市麹町区麹町平河町五丁目(現:東京都千代田区平河町二丁目)
prop-ja:deathDate
  • 1953-05-28 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 長野県北佐久郡軽井沢町
prop-ja:debutWorks
  • 『ルウベンスの偽画』(1927年)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:imageSize
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:movement
  • 新心理主義、王朝女流文学
prop-ja:name
  • 堀 辰雄
  • (ほり たつお)
prop-ja:notableWorks
  • 『かげろふの日記』(1937年)
  • 『大和路・信濃路』(1943年)
  • 『聖家族』(1930年)
  • 『菜穂子』(1941年)
  • 『風立ちぬ』(1937年)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1925 (xsd:integer)
prop-ja:restingPlace
  • 多磨霊園
prop-ja:spouse
  • 堀 多恵子
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 堀 辰雄(ほり たつお、1904年(明治37年)12月28日 - 1953年(昭和28年)5月28日)は、日本の小説家。それまで私小説的となっていた日本の小説の流れの中に、意識的にフィクションによる「作りもの」としてのロマン(西洋流の小説)という文学形式を確立しようとした。フランス文学の心理主義を積極的に取り入れ、日本の古典や王朝女流文学にも新しい生命を見出し、それらを融合させることによって独自の文学世界を創造した。肺結核を病み、軽井沢に療養することも度々あり、そこを舞台にした作品を多く残した。戦時下の不安な時代に、時流に安易に迎合しない堀の作風は、後進の世代の立原道造、中村真一郎、福永武彦、丸岡明などから支持され、彼らは堀の弟子のような存在として知られている。戦争末期からは結核の症状が悪化し、戦後はほとんど作品の発表もできず、闘病生活を送ったが48歳で死去した。
rdfs:label
  • 堀辰雄
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 堀 辰雄
  • (ほり たつお)
is dbpedia-owl:author of
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of