Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 堀 直重(ほり なおしげ、天正13年(1585年)- 元和3年6月17日(1617年7月15日))は、江戸時代の大名。信濃須坂藩の初代藩主。直重系堀家初代。堀直政の四男。兄に直清、直寄、直之。正室は堀秀重の娘。子に直升、直昭、直久、直房。官位は従五位下、淡路守。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍に与して軍功を挙げたことにより、下総矢作に2000石と信濃須坂に6000石の所領を与えられた。慶長19年(1614年)からの大坂の陣でも徳川方として参戦し、功績を挙げて高井郡内に4000石加増され、元和元年(1615年)信濃国須坂に立藩した。最終的に1万2000石の所領を領した。元和3年(1617年)に33歳で没し、その跡は長男・直升が継いだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 168112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59114157 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 堀 直重(ほり なおしげ、天正13年(1585年)- 元和3年6月17日(1617年7月15日))は、江戸時代の大名。信濃須坂藩の初代藩主。直重系堀家初代。堀直政の四男。兄に直清、直寄、直之。正室は堀秀重の娘。子に直升、直昭、直久、直房。官位は従五位下、淡路守。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍に与して軍功を挙げたことにより、下総矢作に2000石と信濃須坂に6000石の所領を与えられた。慶長19年(1614年)からの大坂の陣でも徳川方として参戦し、功績を挙げて高井郡内に4000石加増され、元和元年(1615年)信濃国須坂に立藩した。最終的に1万2000石の所領を領した。元和3年(1617年)に33歳で没し、その跡は長男・直升が継いだ。
rdfs:label
  • 堀直重
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of