Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 坂本 天山(さかもと てんざん、延享2年5月22日(1745年6月21日) - 享和3年2月29日(1803年4月20日))は、江戸時代の砲術家。信濃国高遠藩士。諱は俊豈(としやす)、通称孫八。高遠藩士・坂本運四郎英臣の子として高遠城下の荒町に生まれる。長じて荻野流砲術を学び、明和7年(1770年)に藩主内藤頼由の参勤に付随して江戸に出府し、荻生徂徠門下の大内熊耳に入門し復古学を修める。のち荻野流を研鑽して「荻野流増補新術」として「周発台」を発明し、自藩の砲術に採用された。天明3年(1783年)から藩の郡代も務めたが失脚し、三年間蟄居閉門となった。のち脱藩して大坂、彦根藩、長州藩、大村藩などで砲術と儒学を教授し、享和2年(1802年)、平戸藩主松浦清から招待され藩士の教育にあたった。同3年(1803年)長崎で病没。『紀南遊嚢』などの漢詩集を残した。孫娘の桂が島崎重韶(島崎藤村の祖父)の後妻となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3025215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53897934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 坂本 天山(さかもと てんざん、延享2年5月22日(1745年6月21日) - 享和3年2月29日(1803年4月20日))は、江戸時代の砲術家。信濃国高遠藩士。諱は俊豈(としやす)、通称孫八。高遠藩士・坂本運四郎英臣の子として高遠城下の荒町に生まれる。長じて荻野流砲術を学び、明和7年(1770年)に藩主内藤頼由の参勤に付随して江戸に出府し、荻生徂徠門下の大内熊耳に入門し復古学を修める。のち荻野流を研鑽して「荻野流増補新術」として「周発台」を発明し、自藩の砲術に採用された。天明3年(1783年)から藩の郡代も務めたが失脚し、三年間蟄居閉門となった。のち脱藩して大坂、彦根藩、長州藩、大村藩などで砲術と儒学を教授し、享和2年(1802年)、平戸藩主松浦清から招待され藩士の教育にあたった。同3年(1803年)長崎で病没。『紀南遊嚢』などの漢詩集を残した。孫娘の桂が島崎重韶(島崎藤村の祖父)の後妻となった。
rdfs:label
  • 坂本天山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of