Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。戦前はファルス的ナンセンス作品『風博士』で文壇に注目され、一時低迷した後、終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、無頼派・新戯作派と呼ばれる作家の一人として地歩を築いた。歴史小説では黒田如水を主人公とした『二流の人』、推理小説では『不連続殺人事件』が注目された。坂口安吾の文学作品には、途中で放棄された未完の長編や失敗作も多く、小説家としての技量や芸術性・完璧性の観点からは器用な作家とはいえないが、その作風には独特の不思議な魅力があり、狂気じみた爆発的性格と風が吹き通っている「がらんどう」のような風格の稀有な作家だといわれている。晩年に生まれた一人息子の坂口綱男は写真家である。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1955-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1931-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthName
  • 坂口 炳五(さかぐち へいご)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:deathDate
  • 1955-02-17 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:education
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:relation
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 72625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 45724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59017427 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東洋大学印度哲学倫理学科第二科卒業
prop-ja:awards
  • 探偵作家クラブ賞(1948年)
  • 文藝春秋読者賞(1950年)
prop-ja:birthDate
  • --10-20
prop-ja:birthName
  • 坂口 炳五(さかぐち へいご)
prop-ja:birthPlace
  • ・新潟県新潟市西大畑通28番戸(現・中央区西大畑町579番地)
prop-ja:caption
  • --02-01
prop-ja:children
prop-ja:deathDate
  • 1955-02-17 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・群馬県桐生市本町2丁目266番地
prop-ja:debutWorks
  • 『木枯の酒倉から』(1931年)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:imagesize
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 坂口 安吾
  • (さかぐち あんご)
prop-ja:notableWorks
  • 『不連続殺人事件』(1947年)
  • 『二流の人』(1948年)
  • 『堕落論』(1946年)
  • 『桜の森の満開の下』(1947年)
  • 『白痴』(1946年)
  • 『風博士』(1931年)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1931 (xsd:integer)
prop-ja:relations
  • dbpedia-ja:坂口仁一郎
  • キヌ、アキ(養女姉、六姉)
  • シウ、ユキ、ヌイ(異母姉)
  • 七松、成三(次兄、三兄)
  • 上枝、下枝(四兄、七姉)
  • 坂口得太郎(曾祖父)
  • 坂口得(祖父)
  • 坂口献吉(長兄)、千鶴(妹)
  • 村山セキ(五姉)、喜久(姪)
prop-ja:restingPlace
  • 新潟県新津市大安寺(現・新潟市秋葉区大安寺)
prop-ja:spouse
prop-ja:subject
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。戦前はファルス的ナンセンス作品『風博士』で文壇に注目され、一時低迷した後、終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、無頼派・新戯作派と呼ばれる作家の一人として地歩を築いた。歴史小説では黒田如水を主人公とした『二流の人』、推理小説では『不連続殺人事件』が注目された。坂口安吾の文学作品には、途中で放棄された未完の長編や失敗作も多く、小説家としての技量や芸術性・完璧性の観点からは器用な作家とはいえないが、その作風には独特の不思議な魅力があり、狂気じみた爆発的性格と風が吹き通っている「がらんどう」のような風格の稀有な作家だといわれている。晩年に生まれた一人息子の坂口綱男は写真家である。
rdfs:label
  • 坂口安吾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 坂口 安吾
  • (さかぐち あんご)
is dbpedia-owl:author of
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:原作'_ of
is prop-ja:脚本 of
is foaf:primaryTopic of