Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 地理空間情報活用推進基本法(ちりくうかんじょうほうかつようすいしんきほんほう、平成19年5月30日法律第63号)は、地理空間情報の活用の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的として制定された日本の法律である。この法律において地理空間情報という用語が日本で初めて定義された。略称はNSDI法であるが、NSDIとはNational Spatial Data Infrastructure(国土空間基盤データ)を意味する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1148813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2777 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59095585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --05-30
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • NSDI法
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 地理空間情報活用推進基本法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 地理空間情報活用推進基本法(ちりくうかんじょうほうかつようすいしんきほんほう、平成19年5月30日法律第63号)は、地理空間情報の活用の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的として制定された日本の法律である。この法律において地理空間情報という用語が日本で初めて定義された。略称はNSDI法であるが、NSDIとはNational Spatial Data Infrastructure(国土空間基盤データ)を意味する。
rdfs:label
  • 地理空間情報活用推進基本法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of