Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 地球観測衛星(ちきゅうかんそくえいせい、英: earth observation satellite)とは電波、赤外線、可視光を用いて地球を観測する人工衛星。リモートセンシング衛星(リモートセンシングえいせい)ともいう。商業目的のリモートセンシング衛星は、アメリカでは販売できる画像の解像度が50cmまでに制限されていたが、2014年6月に25cmまで制限が緩和された。特に気象観測を目的とする場合は気象衛星、軍事目的で観測するものを偵察衛星という。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 51741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5196 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58378791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 地球観測衛星(ちきゅうかんそくえいせい、英: earth observation satellite)とは電波、赤外線、可視光を用いて地球を観測する人工衛星。リモートセンシング衛星(リモートセンシングえいせい)ともいう。商業目的のリモートセンシング衛星は、アメリカでは販売できる画像の解像度が50cmまでに制限されていたが、2014年6月に25cmまで制限が緩和された。特に気象観測を目的とする場合は気象衛星、軍事目的で観測するものを偵察衛星という。
rdfs:label
  • 地球観測衛星
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:missionType of
is prop-ja:目的 of
is foaf:primaryTopic of